弁護士コラム

自賠責保険・共済とは?

弁護士西村裕一イラスト交通事故で加害者になっても被害者になっても、損害に対して自動車保険から支払いを受けることが多いと思われます。

交通事故の賠償や補償に使われる自動車保険はとても身近な存在ですが、内容があまりよく知られていません。

そのため、交通事故で被害者になったときや加害者になったとき、損をしないよう、保険内容を知ることは大切なことです。

自動車保険には、自賠責保険・共済と任意自動車保険の2つの種類があります。

今回は、交通事故専門の弁護士が自賠責保険・共済の内容を説明します。

 

自賠責保険・共済の根拠

保険の種類のイメージイラスト自賠責保険・共済には、損害保険会社が運営する自動車損害賠償責任保険と共済組合や生活協同組合などが運営する自動車損害賠償責任共済があります。

この2つは、ともに自動車損害賠償保障法(以下、自賠法)に基づき運営される賠償保険です。

 

自賠責保険・共済は強制保険

車に乗る男女のイラスト一般道路を走る自動車、バイクなどナンバープレートをつけている車両は必ず自賠責保険・共済に加入しなければなりません。

自賠責保険・共済に加入していないと1年以下の懲役、50万円以下の罰金、免許停止などの処分を受けることになります。

そのため、自賠責保険・共済は、強制保険と言われています。

 

自賠責保険・共済から保険金が支払われるとき

バイク事故のイメージイラスト自賠責保険・共済から保険金が支払われるのは、「保有者」が「自賠法3条の責任」を負うときです。

「保有者」とは「自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するもの」(自賠法2条2項)をいいます。

例えば、盗難車の泥棒が起こした交通事故は「保有者」による交通事故でないため、自賠責保険・共済の保険金は支払われません。

「自賠法3条」の責任とは、「他人の生命又は身体を害したときは、これにって生じた損害を賠償する」責任をいいます。

自損事故、物損事故は「他人の生命又は身体を害したとき」という要件を満たさないため、自賠責保険・共済から保険金は支払われません。

 

自賠責保険・共済の補償内容

自賠責保険・共済の死傷者への補償限度額は、以下のように設定されています。

● 死亡の場合 3000万円

● 傷害の場合 120万円

● 後遺障害の場合 75万円~4000万円
(認定される等級により異なります)

 

説明のイメージイラスト他人の自動車と物の賠償、自分の車両と物の修理費、自分自身の怪我の治療費は自賠責保険・共済では補償されません。

これらの損害は任意保険で填補されることになります。

 

保険金の支払時期・請求権者

費用のイメージ画像自賠責保険・共済の保険金の支払いは、原則、示談等が成立したとき一括で支払われます。

しかし、被害者が当座の生活に困窮した場合などへ保険金の一部を事前に支払う制度があります。

また、保険金の請求は、加害者(自賠法15条)、被害者(自賠法16条)どちらからも可能です。

 

自賠責保険・共済が支払われない時

悪意のある加害者のイラスト保険契約者・被保険者がわざと交通事故を起こしたとき、自賠責保険・共済から保険金は支払われません(自賠法14条)。

ただし、あくまで自賠責保険・共済から保険金が支払われないというだけであって、この場合も加害者の被害者に対する民事上の賠償責任は生じます。

 

自賠責保険・共済の重過失減額

悩む女性のイラスト自賠責保険・共済の保険金の支払いにおいて、被害者に7割以上の過失が認められる場合には保険金額が減額されます。

これを重過失減額といいます。

逆に言えば、被害者の過失が70%未満の場合であれば、過失割合に応じた減額はなく、規定通りの保険金が支払われるということです。

一方、任意保険では、当事者双方の過失割合に応じて保険金が減額されます。

そのため、交通事故の場合、自賠責保険や任意自動車保険の仕組みを理解し、加害者や保険会社との示談交渉を行う必要があります。

一度専門家である弁護士にご相談されることをお勧めします。

弁護士へのご相談はこちら「無料相談の流れ」からどうぞ。

 

 


コラム一覧

  • 2017年10月11日
    福岡県弁護士会には「部会」という制度があり、福岡県内のエリアによって4つの部会が存在しています。具体的には、福岡部会、北九州部会、筑後部会、筑豊部会の4つです。...[記事全文]
  • 2017年07月31日
    交通事故によって、顔面を地面に打ち付けてしまった場合、歯が欠けてしまったり、場合によっては根元から折れてしまうこともあります。 こうしたケースでは、根管治療を行った上で、欠けてしまった部分や折れてしま...[記事全文]
  • 2017年04月13日
    任意自動車保険に加入している自動車が事故により損害が生じた場合であっても、任意自動車保険から保険金が支払われないときがあります。保険金が支払われない理由を免責事由と言います。...[記事全文]
  • 2017年04月12日
    今回は任意自動車保険を紹介します。任意自動車保険は損害保険会社各社から販売されています。任意自動車保険は、さまざまな保険が組み合わされており複雑なものとなっています。...[記事全文]
  • 2017年04月12日
    交通事故で加害者になっても被害者になっても、損害に対して自動車保険から支払いを受けることが多いと思われます。交通事故の賠償や補償に使われる自動車保険はとても身近な存在ですが、内容があまりよく知られてい...[記事全文]
  • 2017年04月11日
    子どもが起こしてしまった事故について、その両親が賠償責任を負うのかというのが問題になるケースがあります。つまり、子どもは判断能力や賠償能力の点で成人と同等に取り扱うことができないため、子どもを育てる両...[記事全文]
  • 2017年03月27日
    JA共済は,平成30年10月までに,全都道府県の損害調査業務を損害保険料率算出機構へ移管することを発表しました(日弁連交通事故センター「交通事故相談ニュースNo.38」)。...[記事全文]
  • 2017年02月15日
    交通事故により後遺障害が認定された場合、後遺障害に対する補償として、後遺障害慰謝料と逸失利益という賠償項目が対象となってきます。このうち、逸失利益については、基礎収入に労働能力喪失率及び労働能力喪失期...[記事全文]
  • 2017年02月15日
    交通事故により、脳に外傷を負った場合、高次脳機能障害の問題が生じます。高次脳機能障害と診断される被害者においては、日常生活に近親者をはじめとして、周りの人たちの介護を要するケースも多くあります。...[記事全文]
  • 2017年01月12日
    先日、弁護士西村裕一の交通事故ブログでシートベルトの安全基準が見直されるということをご紹介しました。ところで、シートベルトをしていない状況で、交通事故に遭った場合、シートベルトをきちんとつけていれば、...[記事全文]
  • 2016年12月26日
    クリスマスイブである12月24日にEXILEのメンバーであるMAKIDAIさんがコンサート会場に向かうために移動していたところ、交通事故に遭い、肋骨骨折などの重傷を負いました。この交通事故の影響で、2...[記事全文]
  • 2016年12月12日
    交通事故にあって、くも膜下出血や硬膜下血腫、びまん性軸索損傷などをはじめとする頭部外傷を負ってしまった場合、被害者は意識障害を生じる可能性があります。...[記事全文]
  • 2016年11月28日
    上肢(肩、肘、手)や下肢(股関節、膝、足)の後遺障害の一つである機能障害においては、可動域検査が非常に重要なものとなります。 なぜなら、自賠責保険の後遺障害の認定基準が健側(正常な側)の可動域と比べ...[記事全文]
  • 2016年11月28日
    腰椎については、交通事故により椎体が押しつぶされるような形で骨折するケースが多くあります。こうした骨折を圧迫骨折といいます。 圧迫骨折により椎体の高さが変わるなどして、変形を生じることがあります。交...[記事全文]
  • 2016年11月18日
    突然ですが、交差点で出会い頭で衝突した自動車同士の交通事故に歩道を歩いていた歩行者が巻き込まれた場合、被害者である歩行者は、誰に対して賠償請求することができるでしょうか?...[記事全文]
  • 2016年11月18日
    近年脳脊髄液減少症という傷病に関する裁判例が多く見られるようになってきています。脳脊髄液減少症については、以前ブログでも取り上げました。脳脊髄液減少症の治療法の一つであるブラッドパッチ治療に健康保険が...[記事全文]
  • 2016年01月18日
    今月15日、旅行会社が企画した1泊2日のスキー旅行に向かうバスが長野県軽井沢町のバイパス道路から転落する事故がありました。この事故で乗っていた方の14人がお亡くなりになり、27人の方もけがをしています...[記事全文]
  • 2016年01月06日
    平成28年になって数日たちましたが、昨年(平成27年)の交通事故を原因とした死者数が発表されました。全国で4117人の方が交通事故でお亡くなりになったとのことです。...[記事全文]
  • 2015年05月18日
    近年自転車のマナーについてマスコミで取り上げられる機会が増えてきました。 これまででは、スマホや音楽プレーヤー等を操作しながら運転する「ながら運転」やノーブレーキ自転車を公道で使用したりといったこと...[記事全文]
  • 2014年12月10日
    今回のコラムは、「弁護士費用特約」についてです。 皆様の中にも「弁護士費用特約」という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?しかし、実際にどのようなものなのか、どんなときに使用できるの...[記事全文]
  • 2014年12月09日
    12月に入って、寒い日が続いています。福岡県でも雪(みぞれ)が降るなど、寒さが一段と厳しくなった印象です。 さて、今回のコラムのテーマは、「むちうち」です。...[記事全文]
  • 2014年10月08日
    先日鈴鹿サーキットで行われたF1日本グランプリで事故が起こりました。 台風18号の影響で大雨の中行われたレースで大クラッシュに見舞われたビアンキ選手は、すぐに救急病院に搬送されたものの、事故から2日た...[記事全文]
  • 2014年09月16日
    交通事故に遭った場合、加害者が、「実は保険に入っていないんです。」などと言ってくるケースがあります。こうした場合、被害者はどうすればよいのでしょうか。...[記事全文]
  • 2014年09月05日
    民事上の責任とは、今回の事故でけがを負った被害者に対する損害賠償責任です。けがの治療費はもちろんのこと、交通費、けがの慰謝料(傷害慰謝料)、けがのために勤務先を休み、その分の収入が減少した場合の休業損...[記事全文]