弁護士コラム

任意保険の補償内容について

申し込みをする女性のイラスト交通事故専門の弁護士によるお役立ちコラム、今回は任意自動車保険を紹介します。

任意自動車保険は損害保険会社各社から販売されていますが、さまざまな保険が組み合わされており複雑なものとなっています。

交通事故で被害者になったときや加害者になったとき、損をしないよう、保険内容を知ることは大切なことです。

任意自動車保険とは

保険の種類のイメージイラスト自動車保険には、自賠責保険・共済と任意自動車保険があります。

自賠責保険・共済は自動車などで一般道路を走行する場合、必ず加入しないといけない強制保険で、加入しない場合には罰則があります。

一方、任意自動車保険は加入していなくとも罰則はありませんし、保険契約者が保険に加入するかしないかを自由に決めることができます。

自賠責保険につきまして、くわしくはこちら「自賠責保険・共済とは?」をごらんください。

 

任意自動車保険の補償内容

追突事故のイメージイラスト自賠責保険・共済は他人の死傷に対する最低限の補償のみで、他人の自動車など物に対する賠償や保険契約者・被保険者自身の身体や車両、財物への補償がありません。

任意自動車保険は、他人の生命・身体への賠償保険と、保険契約者の必要性に応じて他人の財物への賠償保険、保険契約者・被保険者自身の生命・身体や財物への損害を補償する保険を契約できます。

 

賠償責任保険

賠償責任保険とは、他人の生命・身体や財物への損害を填補する保険です。

 

対人賠償責任保険

入院のイメージイラスト対人賠償責任保険とは、被保険自動車の所有・使用・管理に起因して、他人の生命・身体に損害を与え、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を填補する保険です。

対人賠償保険、単に対人保険とも言われています。

この保険は、交通事故の損害が自賠責保険・共済の補償額を超えた場合に使う保険です。

 

対物賠償責任保険

壊れた車のイラスト対物賠償責任保険とは、被保険自動車(保険対象自動車)の所有・使用・管理に起因して他人の財物を滅失・毀損または汚損したため、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を填補する保険です。

対物賠償保険、単に対物保険とも言われています。

例えば、他人の自動車や店舗・住宅などの建物、他人の衣服や時計、代車費用や自動車事故で損害を被った店舗の休業損害、休車損害も対物賠償責任保険の補償対象となります。

 

契約者側の生命・身体や財物への損害を補てんする保険

保険契約者また被保険者など契約者側の生命・身体や財物への損害を補償する保険には、人身傷害保険、車両保険があります。

 

人身傷害保険

上半身を怪我した女性のイラスト人身傷害補償保険とは、自動車の運行等に起因する急激かつ偶然な外来の事故により被保険者が死傷した場合、事故状況に関係なく、被保険者自身の死傷による損害全額が補償されるものです。

「人傷」とも呼ばれています。

人身傷害保険から保険金を受け取っても次年度の任意自動車保険の保険料が上がりません。

任意自動車保険の契約の際、対象となる保険事故の範囲を契約者が選択できます。

人身障害保険についてはこちら「人身傷害保険って何ですか?」をごらんください。

 

車両保険

バイク事故のイメージイラスト車両保険とは、偶然の事故による保険対象となる被保険自動車の損害に対して、保険金を払うものです。

被保険自動車が修理可能な場合は修理費用、修理ができない場合は車両の時価相当額と運搬費用等の諸費用に対し保険金が支払われます。

対象となる事故は、車同士の衝突・接触事故、物との衝突・接触、物の落下・飛来、盗難、いたずら、浸水、火災、自損事故、当て逃げなどです。

当て逃げやいたずらなど相手方が不明な事故でも契約によって補償されます。

 

その他の補償

説明する男性のイラスト特約には、保険契約者・被保険者自身がニーズに応じて自由に選択し契約するものがあります。ファミリーバイク特約、日常賠償責任特約、弁護士費用特約などがその例です。

弁護士費用特約についてはこちら「交通事故の弁護士費用を払ってもらえる?弁護士費用特約を利用しよう」をごらんください。

 

 

 

 

 


コラム一覧



なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?