鼻の後遺症

鼻の後遺障害

鼻のイメージ画像鼻の障害については、後遺障害等級表上、欠損障害が定められています。欠損障害が生じない場合について、等級表に定めはありませんが、鼻がつかさどっている嗅覚の障害が生じる場合には、後遺障害が認定されるケースもあります。

 

 

等級一覧

鼻の後遺障害等級別グラフ

 

鼻の主な傷病

鼻の構造

鼻は呼吸、嗅覚をつかさどる器官で、鼻は外鼻と鼻腔に分類されます。鼻腔は、空気を吸い込む際に、鼻毛や鼻腔内を覆う粘膜により埃の侵入を防ぐ役割を担っています。鼻腔の上部に嗅覚を担う嗅球や嗅神経が存在しています。

鼻の欠損

鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残す場合、9級5号に該当します。ここでいう鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部もしくは大部分を失うことをさし、著しい機能障害とは、嗅覚を失ったり、鼻呼吸ができなくなったりすることを意味します。

嗅覚脱失

嗅覚のイメージイラスト鼻は、物のにおいを識別する嗅覚を担っています。後遺障害認定等級表の中には、嗅覚に関する障害について、明確に規定があるわけではありません。しかし、嗅覚を完全に失った場合には、12級相当として後遺障害が認定されています。

嗅覚の検査は、T&Tオルファクトメーターで検査され、その結果がオルファトグラムにより表示されます。認知閾値の平均嗅力喪失値で5.6以上であれば嗅覚脱失、2.6以上5.5以下であれば、嗅覚の減退と判断されます。嗅覚の減退と判断されれば、14級相当と認定されることになります。

また、嗅覚検査は、T&Tオルファクトメータの他にアリナミン静脈注射による検査でも判定することがあります。