膝十字靭帯損傷の後遺症

膝十字靭帯損傷(前十字靭帯、後十字靭帯)とは

膝のイメージ画像膝の靭帯には、内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯の4つの靭帯があります。内外側側副靭帯は上下の骨が左右にずれるのを防ぎ、前・後十字靭帯は前後にずれるのを防いでいます。前十字靭帯はACL、後十字靭帯はPCLとそれぞれ呼ぶこともあります。

前十字靭帯損傷

バイク事故のイメージイラスト前十字靭帯は、大腿骨の外側と脛骨の内側をつなぐ靭帯で、脛骨が前へとずれるのを防ぐ役割をしています。スポーツ選手がこの靭帯を損傷するケースがありますが、交通事故においては、バイクや自転車などの事故で多く発生しています。断裂することが多く、その際ブチッという音がなります。

前十字靭帯の損傷についての検査では、ラックマンテストというテストを行います。これは、膝を15~20°ほど曲げて前に膝を引き出します。前十字靭帯を損傷している場合、脛骨が異常に前に出てきてしまいます。こうした検査を受けることで、前十字靭帯の損傷を確認することができるのです。

また、ストレス(圧力)をかけると、前十字靭帯が損傷している場合には脛骨が前方に飛び出ますので、それをレントゲンで撮影することで、損傷の程度を診察します。これは画像所見として後遺障害等級認定に当たって重要な資料になります。

損傷の程度が激しく、膝関節に動揺性が認められ、常時装具の必要性があるような場合には、関節の用廃として8級7号が認定されることがあります。

また、靭帯の再建手術を受けた場合、8~12か月のリハビリが必要となります。

 

後十字靭帯損傷

交通事故のイメージイラスト自動車事故の場合、膝をダッシュボードに打ちつけてしまうことが多くあります。この場合、膝を打ちつけた衝撃で、後十字靭帯に損傷を来すケースがあります。これは膝を90度に曲げた状態のまま、事故の衝撃でダッシュボードに膝を打ちつけると、脛骨が後方へ押しやられてしまうためです。

後十字靭帯の損傷は前十字靭帯の場合と比べて、痛みが少ないのが特徴ですが、後十字靭帯損傷とともに、膝蓋骨(膝の皿)の骨折を併発する可能性が高い症状です。

前十字靭帯損傷と同じくストレスレントゲンがとても重要です。後十字靭帯損傷の場合は、ストレスレントゲンにより断裂があれば脛骨が後方に出た状態で写ります。

 

内側側副靭帯損傷

交通事故のイメージイラスト内外の側副靭帯のうち、損傷が多いのは、内側の側副靭帯です。内側側副靭帯はMCLといいます。外側からの強い圧力がかかった場合、これに耐え切れずに内側側副靭帯が切れることがあります。交通事故でも横からの衝突による外側からの強い衝撃が原因で発症します。

内側の靭帯が損傷しているので、膝をまっすぐ伸ばした状態で脛骨を外側へ動かすと、膝がグラつくという症状が出ます。こうした靭帯損傷にはストレスレントゲンとあわせてMRIも重要な画像所見の資料となります。

 

複合靭帯損傷

膝の痛み交通事故において、衝突の強い力が膝に集中した場合には、膝の2つ以上の靭帯を損傷することがあります。この場合、一つの靭帯の損傷に比べて、膝はより不安定になり、重度の後遺障害を生じるおそれがあります。すなわち、膝の用廃として8級7号に該当する可能性があります。