後遺障害とは

車椅子のイメージ画像後遺障害とは、治療を続けても完治することがなく、身体的あるいは精神的な不具合が将来にわたって残ってしまう状態をいいます。英語では、「Permanent disease」(永久に治りきらない疾患)と呼ばれます。

この後遺障害は、自動車損害賠償保障法(いわゆる自賠法)で規定されており、最も重い1級から14級までの等級があります。各等級には、それぞれ該当する症状が定められており、その数は140種類に上ります。

後遺障害に該当するかどうかは、上述した自賠法による基準に当たるかどうかの判断により決定されます。その判断を行い、後遺障害の認定を行うのは、損害保険料率算出機構です。

損害保険料率算出機構が認定するに当たっては、定型の書式が定められている後遺障害診断書や事故状況説明書、レントゲン写真やMRI画像を用います。つまり、原則として書面審査となります。

このことから、後遺障害の等級認定の申請に当たっては、後遺障害診断書をはじめとする各種書類が極めて重要な役割を担っているということがわかります。

後遺障害の等級ごとに後遺障害慰謝料や逸失利益(事故により失った利益)を算出するに当たって用いられる労働能力喪失率がおおむね定められており、等級認定によって、賠償金額も大幅に異なってくるため、適切な後遺障害診断書を作成し、適切な等級認定を受けることが大切です。

 

 

いつ申請すればよいか

医者のイメージ画像上に述べた後遺障害の定義からすれば、後遺障害の申請は、これ以上治療をしても改善の見込みがない状態になって行うことになります。この状態を症状固定といいます。

この点に関して、相手方の保険会社が「そろそろ治療を終えてください」、「治療を打ち切るように」などと言ってくるケースをよく耳にします。中には、保険会社の言ったことをそのまま受け入れ、治療を中断する方もいらっしゃいます。

しかしながら、症状固定に至ったかどうかを判断するのはあくまでも医師であって保険会社ではありません。保険会社は、少しでも賠償額を抑えるために、被害者に対して、上述のように治療を終えるように促しているわけですので、安易に相手方の保険会社の要求に応じてはなりません。

万が一、そのようなことを言われた場合には、すぐに弁護士にご相談ください。

 

 

申請手続について

申請手続には、以下に述べる2つの方法があります。

 

●事前認定

●被害者請求

 

事前認定とは

加害者の加入する保険会社に手続を行ってもらう方法です。この方法ですと、保険会社に同意書を送付すれば、必要な書類や資料をすべて相手方の保険会社が手配して、手続を行います。

この方法によれば、被害者の側で、書類を準備する必要がないため、手間が省けることになり、弁護士が関与していないケースの多くの場合、事前認定による申請が行われています。

 

被害者請求とは

書類を記入するイメージ画像その名のとおり、被害者が自ら加害者の加入する保険会社に対して、必要書類を準備して申請を行う方法です。

この方法では、事前申請と異なり、申請に必要な各種書類を自分たちで準備しなければなりませんが、その分、後遺障害認定に有利な資料を添付して申請することができます。

また、被害者請求では、認定された自賠責基準に基づく損害の支払いを直接受けることができるというメリットがあります。事前認定では、保険金は相手方の保険会社に支払われるため、相手方との交渉が終了するまでは、賠償金を受け取ることができません。

このように、被害者請求の方が、被害者側の立場で必要書類を作成、準備することができ、賠償金も直接受け取れるといったメリットがあります。

弁護士にご依頼いただければ、被害者請求も弁護士が最大限サポートできますので、是非、ご相談ください。