高次脳機能障害の特徴

高次機能障害(遷延性意識障害)の特徴

①認知障害や行動障害、人格変化といった典型的な症状

Print高次脳機能障害(遷延性意識障害)では、記憶力や注意力・集中力といった能力に問題を生じる認知障害をはじめ、周囲の状況に応じた行動ができないという行動障害、事故前と比べて、自己中心的になったり、変なこだわりを持ったり、意固地になったりという人格変化といった症状が起こります。

②脳外傷によるびまん性脳損傷を原因とする

高次脳機能障害(遷延性意識障害)は、交通事故の際に頭を地面に強く打ちつけてしまった場合のように、脳に外傷を負った際のびまん性脳損傷を主な原因として生じます。

③社会生活を営むことが困難になる(生活能力の低下)

高次脳機能障害(遷延性意識障害)により①の各種症状が現れた場合、就労や日常生活に支障を来し、社会生活を営むことが難しくなり、重いケースの場合には、介護が常に必要になることもあるのです。

④見落としがちな障害

高次脳機能障害(遷延性意識障害)は、外見上回復していると見えるため、医師によっても適切に診断されず、見落とされてしまうこともある症状です。

高次脳機能障害(遷延性意識障害)認定のポイント

MRI画像交通事故による高次脳機能障害の認定に当たっては、①交通事故による外傷で脳に損傷を受けたことが画像資料により明らかであること(因果関係、画像所見)、②意識障害の有無と程度、③事故前との異常傾向の程度がポイントとなります。

まず、交通事故との高次機能障害(遷延性意識障害)との因果関係の観点と高次脳機能障害(遷延性意識障害)と認められるかという2つの観点から、高次脳機能障害(遷延性意識障害)においては、画像所見が極めて重要です。

認定に当たっては、脳にびまん性脳室拡大や、脳萎縮の症状といった器質的な変化が生じている必要があります。これを判断するのが、CTやMRIといった画像所見です。

したがって、頭部に外傷を負った場合には、事故後の早い段階でCTやMRIの撮影を行っておくべきです。

次に、高次機能障害(遷延性意識障害)は頭部の傷害により意識障害が生じた場合に発生しやすいと言われています。したがって、意識障害の有無、意識障害があった場合には、その時間や程度を適切に把握しておくことが重要です。そして、当該意識障害について、きちんと後遺症診断書やカルテに記載してもらっておかなければなりません。第三者である損害保険料率算出機構が判断するに当たっては、医師のカルテや診断書といった客観的な資料が大切であることはお分かりだと思います。

最後に、先ほどの説明した高次脳機能障害(遷延性意識障害)の症状が生じていることも必要です。これを立証するためには、主治医の診断はもちろんですが、家族や介護者といった身の回りの人から得られる日常生活の情報が有用です。何かあったときには忘れずにその都度メモを取って、主治医に相談しておくことが大切です。

 

 


高次脳機能障害についてはこちらからご覧ください。