弁護士 鈴木啓太

鈴木先生2

 

人身障害問題に対するスタンス

suzuki_in5人身障害問題は、交通事故を中心に、日常生活の中での事故や労災関連、他人からの暴力行為など様々な問題が含まれています。

いずれの人身障害事故も突然に起こり、被害者の方を傷つけることになります。
傷害を負ってしまったり、最悪亡くなってしまった場合、被害者やご家族の不安、悲しみは計りしれません。

そのような状況で、加害者や保険会社と損害賠償の交渉をすることは、非常に酷なことです。
特に加害者に関しては、様々な感情からかかわりを持ちたくない被害者の方やご家族も多く、交渉の過程で相手の不誠実な対応でさらに傷つけられることもあります。

また、示談交渉により適正な賠償を得るには、法的知識はもちろんのこと、医学的な知見や保険に関する知識などが必要となります。
特に保険会社は、交通事故等の示談交渉を常に行っており、いわばその分野のプロであるため、一人で保険会社の提示を精査し、交渉して適正な賠償額を得ることは困難ですし、大きな負担になります。

当事務所では、被害者の方に適切な賠償を受けてもらうために、人身障害問題解決に必要な法律知識はもちろんのこと、医学的知見や諸制度の知見をもって交渉にあたっており、いわばこの分野の交渉のプロといえます。

また、被害者の方に適切な賠償を受けてもらうべく、日々変化する法律や諸制度、新たな裁判例など、最新の情報を漏らすことがないよう日々研鑽し続けています。

確かに、金銭賠償がなされたとしても被害者の方やご家族が受けた損害の全てを回復することはできませんが、法や制度に沿って適切な賠償を受けることは最低限必要なことです。

弁護士というと敷居が高いイメージがある方もいらっしゃると思いますが、「誰よりもクライアントに寄り添い、すべてのクライアントを幸福へと導く」という当事務所の事務所理念のもと常に被害者の方目線で全力で対応させて頂きます。

人身障害事故の被害に遭いお困りの方は、お気軽にご相談下さい。

その他

その他の情報はこちらからどうぞ

 

suzuki_in2

 


弁護士等紹介