キャリアカウンセラー 鵜池奈緒

profile_jiko_uike

TEL 093-513-6161

ホームページご覧の皆様へ

uike_in1

後遺障害が残り以前と同じ働き方が出来なくなったので転職をせざるを得ない・・・
体の不調を抱えたまま転職活動が行えるか、何が今後自分に行えるか不安である・・・
交通事故により休職や通院による休みをとり昇進や仕事に影響が出てしまった・・・
家族が交通事故に遭い、そのサポートのため働き方を変えないといけなくなった・・・

交通事故に遭われた被害者には、怪我をされ、長い通院期間を経ても症状の回復が見込めず障害を残される方も多く転職を余儀なくされている方もいらっしゃいます。

また、治療中であっても身体が一番なのできちんと通院するようにと言われてもお仕事や生活の状況から通院の時間を確保するのは、ご本人や周囲の方にとっても大変なことです。

突然の事故に遭われて精神的にも身体的にもダメージを受けられているなか、これまでの社会人としての生活・家庭生活が同じように行えないということは大変な苦痛とストレスを感じられるものであり、交通事故被害者にとってキャリアに関する悩みは切り離せないものです。

IMG_7124当事務所では、弁護士による交渉により治療、後遺障害認定による適切な賠償金を受けとられるまでのサポートだけでなく、治療を続けていくなか、後遺障害を負われたなかでどうこれからのキャリアを歩んでいくかといった部分をしっかり考えることも被害者やそのご家族の方にとって大切な問題であると考えております。

その一環としてキャリアカウンセリングサービスを行っております。

 

デイライト法律事務所のキャリアカウンセリングサービス

IMG_7269

怪我をされて体の不調を抱えられている中で、もう自分は以前と同じように働けないのではないか、何で自分がこんな目に遭ってしまったのかとやりきれない思いや不安を抱えられてしまうかもしれません。

キャリアカウンセリングでは、現在の抱えられている感情や状況をまずはしっかりと傾聴させて頂き、共に整理をするなかでどういった選択肢や仕事・生活が最適なのか考え、必要によっては転職サポート(就職先選定・応募書類の添削・面接練習)を行っております。

キャリアの問題も一緒に解決し突然の事故に遭われたという問題を乗り越え、今後より幸福な人生を歩んで頂けるよう弁護士・社労士と連携をとり一丸となってサポートして参ります。

こんなことまで相談出来ないかな・・・と躊躇されずお気軽にご相談下さい。

>> 当事務所の就職支援サービスについてはこちら

uike_in2


弁護士等紹介