よくある相談Q&A

加害者の助手席に同乗していただけでも賠償額は減額されますか?


 

友人の車の助手席に同乗してドライブしていたところ、友人が運転ミスで交通事故を起こしてしまいました。

助手席に同乗していただけでも賠償額は減額されますか?

 

同乗していただけで賠償額が減額されることは基本的にはありません。

しかし、友人の運転ミスを誘発した原因が同乗者であるあなたにもある場合や、友人が運転ミスすることを十分予想できたような場合は、例外的に賠償額が減額される場合があります。

 

無償同乗・好意同乗

 

車に乗る男女のイラスト友人の車に乗ってドライブした場合やどこかに送ってもらうような場合、「無償同乗」あるいは「好意同乗」といいます。

この場合、運転者に過失があったとしても、同乗者の賠償額が減額されることは基本的にはありません。

友人の運転ミスが原因で交通事故が起こったとしても、あなたが交通事故の相手方や運転者である友人の保険会社からもらえる保険金が減額されることは原則としてないということです。

解説する男性のイメージイラストしかし、同乗者にも交通事故を誘発させた原因があるとみられる場合や、交通事故を十分予想できたにも関わらず同乗していたような場合は、例外的に賠償額が減額されるおそれはあります。

その最たるものが飲酒運転です。

運転前に飲酒し、運転者が酔っていることを分かって同乗したような場合に、裁判例も同乗者に対する賠償額を10%~20%減額しているものがみられます。

飲酒に関与した同乗者の賠償額を減額したものとして、下記のような裁判例があります。

 

 平成18年7月26日 東京地判

運転者と共に居酒屋で飲酒し、自宅に送ってもらう途中で運転者が交通事故を起こした事案です。

裁判所は、同乗者の賠償額を10%減額しました。

 

 平成19年3月30日東京地判

同乗者が自ら運転者を呼び出して飲食店で飲酒し、その後運転者の車の助手席にシートベルトをせずに同乗中、運転者が交通事故を起こした事案です。

裁判所は、同乗者の賠償額を25%減額しました。

 

裁判例のイメージイラスト上記のように、飲酒運転に加え、シートベルトを締めていなかったなどの事情も加われば、さらに賠償額が減額されることもありえます。

運転者の無免許や無謀運転を認識していた同乗者の賠償額を減額したものとして、下記のような裁判例があります。

 平成15年5月27日東京地判

運転者が無免許であることを知りつつ、改造車に乗って深夜ドライブしていた際に、運転者が交通事故を起こした事案です。

裁判所は、同乗者の賠償額を40%減額しました。

解説する男性のイメージイラスト運転者が交通事故を起こしそうな事情がある場合は、当然同乗も控えるべきということですね。

もっとも、無償同乗による賠償金の減額はできないのが原則ですので、保険会社から無償同乗を理由に賠償額を減額すると言われた場合は、交通事故専門の弁護士にご相談下さい。

弁護士へのご相談はこちらからどうぞ

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧