交通事故が原因の脊髄損傷の後遺障害

脊髄損傷とは

脊髄のイメージイラスト脊髄とは、脳と体をつなぐ中枢神経をいいます。この部分に損傷が生じることを脊髄損傷といいます。脊髄は脊椎によって保護される構造となっていますが、交通事故や高所からの転落などにより脊椎を骨折、脱臼すると脊髄も損傷を受けることが多くあります。

脊椎は、頭部に近いところから頸椎、胸椎、腰椎、仙椎から構成されており、損傷した部位によって症状が出る部分は変わります。

 

 

脊髄損傷の症状

局所症状

損傷した脊髄の局所に痛みや変形、可動域制限といった症状が生じます。

麻痺

麻痺には完全麻痺と不完全麻痺があります。完全麻痺では、損傷した部分より下の部分の運動や知覚が失われます。他方、不完全麻痺では、損傷の程度により軽症から知覚だけ残存した状態という重症まで様々です。頸髄損傷の場合には、頸部より下の部分、すなわち四肢(両上肢、下肢)の麻痺が、胸腰髄損傷では両下肢の麻痺となるのが通常です。

その他

その他には、循環器系の障害や呼吸障害といった症状が生じます。

 

 

等級一覧

脊髄損傷の後遺障害の等級は以下のとおりです。

 

脊髄損傷の後遺障害等級別グラフ

脊髄損傷の具体的な認定基準については、こちらをどうぞ