保険会社の提示額に要注意

賠償金を決定する基準が3つあることをご存じですか?

① 自賠責保険の基準

② 任意保険の基準

③ 裁判の基準

保険会社は、このうち最も低い基準(①の自賠責保険の基準)で提示している可能性が高いです。

これは一般にはあまり知らない真実です。

適切な補償を受けるために、この3つの算出基準をしっかり理解しておきましょう。

以下では各基準についてそれぞれご説明を致します。

 

 

①自賠責保険の基準

自賠責保険は、車を所有する際に全ての方が加入する必要がある保険ですが、人身事故のみが対象となります。

この自賠責保険はあくまで被害者の最低保障を目的として作られた保険です。

そのため自賠責保険の基準を使って賠償額を計算すると、他の基準のよりも低額になってしまいます。保険会社の示談金の提示は、この自賠責保険の基準をもとに算定されている可能性が高いです。

 

②任意保険の基準

任意保険は、自賠責保険とは異なり、加入義務はない保険です。

自賠責保険では対象外である物損事故にも適応することが可能です。

この任意保険の基準は、一般的に自賠責保険よりも高いですが、裁判の基準よりも低額となります。したがって、この基準で算定された示談には応じるべきではありません。

 

③裁判の基準

裁判の基準は、過去の判例を踏まえ、裁判所と弁護士会が作成した基準です。

裁判の基準で賠償金を計算した場合、ほとんどの場合で自賠責保険の基準や任意保険の基準を元に計算した金額よりも高額になります。

「問題が長引くのは嫌だから早く終わらせたい」「専門家の保険会社が言うことだから正しいのではないか」というお気持ちも分かります。

しかし、すぐに示談には応じず、まずは交通事故専門の弁護士に相談していただき、適切な賠償金を把握することが交通事故問題の解決において重要です。

当事務所では、交通事故のご相談を無料でお受けしております。

まずはお気軽にご相談ください。