弁護士コラム

子どもの起こした事故に両親の監督責任はある?

説明する男性のイラスト子どもが起こしてしまった事故について、その両親が賠償責任を負うのかというのが問題になるケースがあります。

つまり、子どもは判断能力や賠償能力の点で成人と同等に取り扱うことができないため、子どもを育てる両親へ賠償を求めることがありますが、これが実際に認められるのかが争われた事例が最判平成27年4月9日の事例です。

 

事案の概要

サッカーをする子どものイラスト小学校6年生(当時11歳)の男の子が、小学校の校庭で放課後にサッカーをして遊んでいました。

フリーキックの練習で男の子の蹴ったボールがゴールポストと学校の門を越え道路に転がり、そのボールを避けようとしたオートバイの男性(当時85歳)が転倒し、足の骨を折り入院しました。

入院して1年4ヶ月後、オートバイの男性は肺炎で死亡し、遺族が男の子の両親に損害賠償を求めた事案です。

 

最高裁判所の判断

裁判所のイメージ画像男の子の行為について、最高裁判所は「開放された校庭で、設置されたゴールに向かってボールを蹴ったのは、校庭の日常的な使用の使用方法」であり、親の責任について、「親は子供が人身に危険が及ばないよう注意して行動するよう、「日ごろから指導監督する義務がある」と言及しつつも、今回の男の子の行為について「通常は人身に危険を及ぼす行為ではなかった」と認定しました。

 

その上で、「両親は日ごろから通常のしつけをしており、今回のような事故を具体的に予想できるような特別な事情もなかった」、「通常は危険がない行為で、たまたま損害を生じさせた場合は、具体的に予見可能だったなどの特別な事情がない限り、監督義務を尽くさなかったとすべきでない」として男の子の両親の監督責任を否定しました。

 

親の監督責任について

サッカーをする親子のイラスト民法714条には、「…責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない」と責任能力のない子どもが事故を起こした場合、子どもの監督義務者である親の責任を認めております。

ただし書にあるように監督義務を怠らなければ、子どもの監督義務者である親は責任を免れることができますが、今回の判決以前に免責を認めた判例はほとんどありません。

この事案の下級審の判断も、「両親は親権者としての監督責任を怠った」、控訴審は「校庭ならどう遊んでもいいわけではなく、それを男子に理解させなかった点で両親は義務を尽くしていない」、「両親は周囲に危険を及ばさないで遊ぶよう指導することを怠った」として、一審は両親の監督義務を認めていました。

裁判のイメージイラストこの判決や認知症高齢者の鉄道事故の関する平成28年3月1日の最高裁判決は、子供や高齢者の家族の負担を軽くするものです。

しかし、他方でこうした場合に被害者救済をどう図るか課題が残るものです。

交通事故に遭われたら、一度弁護士へご相談いただくことをお勧めしています。

弁護士へのご相談はこちら「交通事故無料相談の流れ」をごらんください。


コラム一覧


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約