弁護士コラム

むちうちによる後遺症の補償はどこまで? 弁護士が解説!

むちうちで認められる後遺障害

追突事故のイメージイラスト追突事故といった交通事故の場合、頚椎捻挫や腰椎捻挫といった、いわゆるむちうちの症状が発生することがあります。

こうした頚椎捻挫、腰椎捻挫による痛みやしびれといった症状が残存する場合には、事案によっては、後遺障害14級9号もしくは12級13号が認定される可能性があります。

なお、12級13号は14級9号に比べ、かなり件数は少なく、認められるケースはごくわずかです。

医者の解説イメージイラスト12級13号と14級9号の違いは、残っている症状について、医学的に「他覚的に証明できているか」という点です。

すなわち、12級13号の場合は、画像所見や筋萎縮検査、腱反射検査といった検査所見で、痛みの症状が客観的に証明できているといえなければなりません。

他方で14級9号の場合には、そこまで至らなくても、事故の内容や症状の推移、治療経過からみて、医学的にも合理的に説明ができていれば認定されることになっています。

 

14級9号に認定された場合の補償

医者の解説イメージイラストむちうちによる後遺症が後遺障害14級9号と認定された場合、後遺症の補償として、後遺障害慰謝料後遺障害逸失利益という2つの補償がなされます。

後遺障害慰謝料については、裁判所の基準で14級の場合には、110万円というのが一応の目安となっています。

他方で、後遺障害逸失利益については、以下の計算式で算出します。

基礎収入(事故前年の収入)×喪失率(14級の場合は5%が目安)×喪失期間に対応するライプニッツ係数

この計算式で考慮事情となっている喪失期間について、弁護士が常時参照している「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(通称「赤い本」)では、むちうちの際の喪失期間について、以下のような言及があります。

「むち打ち症の場合は、12級で10年程度、14級で5年程度に制限する例が多く見られるが、後遺障害の具体的症状に応じて適宜判断すべきである。」

赤い本むちうちの場合には、器質的な変化に基づかない痛みやしびれのため、後遺障害という認定がなされているものの、逸失利益については、5年前後を喪失期間とするのが一般的になっています。

ただし、上記の説明にあるとおり、「後遺障害の具体的症状に応じて」判断することとされています。

 

横浜地判平成29年6月29日

裁判のイメージイラストこの問題について、喪失期間を5年間ではなく、その倍の10年間で補償すべきとした裁判例です。

この事案の被害者は、追突事故により6か月ほど通院したものの、むちうちによる頚部痛、右上肢のしびれといった神経症状が残ってしまい、後遺障害14級9号の認定を自賠責保険より受けていました。

そして、この被害者の職業は美容師であり、裁判では自賠責保険で認定された14級9号よりも重い12級13号の症状であると主張しつつ、美容師にとって、首の痛みや上肢のしびれという症状は影響が大きいのは明らかで10年間は喪失期間として補償されるべきと主張していました。

他方で、加害者の方は、手先を使う職業は美容師以外にもパソコン操作を含め、一般事務でもありうるし、主婦でも包丁や裁縫で手指を使うこともあるので、ピアニストといった特殊な職業を除いて、被害者を特別に取り扱って、補償を増額すべきものではないと反論しました。

美容師これに対して、横浜地裁は、被害者が、くしやハサミを自在に使えず、意識していないと道具を落としてしまうような状況であるという症状を事実認定した上で、「外傷性の異常所見は認められない神経症状ではあるが、労働能力喪失期間は、原告の主張するとおり、10年とするのが相当である。」と認定しました。

この事案では、美容師が、くしやハサミが自在に使えないという症状に基づく具体的な不都合の内容を踏まえた結果、通常5年程度となる喪失期間が10年間補償されたといえます。

これが「後遺障害の具体的症状に応じて適宜判断すべき」という上記の説明に合致するものになります。

 

交通事故でむちうちになったら弁護士へご相談ください

医者の解説イメージイラストこのように、むちうち=5年間の補償というわけではありません。むしろ事案によっては、5年間よりも短くなるケースもあります。

デイライト法律事務所では、交通事故の被害者の方々の相談を年間300件以上、取り扱い、むちうちによる後遺症が残った事案も数多く対応しています。

その中で喪失率を14級相当の5%ではなく、7%というより大きな補償を得られた解決事例もございます(詳しくはこちらをご覧ください)。

また、むちうちでは数少ない12級13号を獲得した事例もあります。

この事案は、一度自賠責保険で14級9号という認定を受けたものの、異議申立てにより12級13号へ変更することに成功した解決事例です(詳しくはこちらをごらんください)。

弁護士費用特約のついている方であれば治療中の段階から弁護士にご依頼いただくことでスムーズに解決までいく可能性も高まります(詳しくはこちらをごらんください)。

北九州市で交通事故にお困りの方は、まずはデイライト法律事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。

 


コラム一覧


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約