弁護士コラム

交通事故の弁護士費用を払ってもらえる?弁護士費用特約を利用しよう

弁護士特約とは
今回のコラムは、 「 弁護士費用特約 」 

についてです。

皆様の中にも「弁護士費用特約」という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか?しかし、実際にどのようなものなのか、どんなときに使用できるのかわからないという方が多いと思います。

弁護士費用特約とは、
近年自動車保険(任意保険)に付帯している特約のことで、交通事故に遭った場合に相手方との交渉や裁判等を弁護士に依頼する際の費用を、保険会社が被害者の方の代わりに支払ってくれるものです。

1事故につき300万円までの支払いが可能ですので、多くのケースで被害者の方は自己負担0円で弁護士に依頼することができます。

また、法律相談についても別途10万円まで保険会社が支払ってくれるので、まずは弁護士に相談したいという方もこの特約を使えば自己負担なしで法律相談を受けることができます。

 

 

対象事故

この特約は、自動車を運転している場合の交通事故だけでなく、歩行者として歩いている場合に、自動車に跳ねられたといった場合でも使うことができます。つまり、加害者、被害者問わず自動車に関わる交通事故であれば、使用することができます。なお、具体的にどのような場合に特約を利用できるかについては、各保険会社で若干異なる点があるますので、ご自身の交通事故で使うことができるかわからない場合は、弁護士にご相談ください。弁護士が保険約款を確認して、弁護士費用特約を利用できるかどうかアドバイスいたします。

 

 

対象者

自分が被保険者となっている自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、先ほど述べた対象事故の場合、弁護士費用特約を利用することができます。

さらにこの特約では、自分が名義人でなくても、ご家族の中に弁護士費用特約に加入している人がいれば、その方の特約を使える可能性があります。例えば、ご夫婦のうち、事故に遭った妻は特約に入っていなかったけれど、夫が加入している保険には弁護士費用特約が付いていたという場合、妻が夫の特約を利用して弁護士に依頼することができます。

したがって、交通事故に遭った場合

①交通事故に遭った自動車に弁護士費用特約がついていないか
②ご家族の中に弁護士費用特約に入っている人がいないか

の2つの視点からチェックする必要があります。本当は弁護士費用特約を使えたのに、知らなかったというのは非常にもったいないことになりますので、ご注意ください。

 

 

その他

その他、この特約についてよくご質問をいただくのが、「弁護士費用特約を使うと保険料が上がるのではないか?」ということです。

答えは、NOです。この特約は、使用しても保険の等級が下がることはありません。

また、依頼する弁護士は保険会社から決められてしまうのかという点もよく質問を受けます。この点についても、ご自身が依頼したい弁護士に依頼をすることができます。保険会社から紹介してもらうことももちろん可能ですが、自分で弁護士を探すことができます。

このように弁護士費用特約は交通事故に遭われた場合に、非常に便利な特約です。弁護士費用特約についてはこちらもご覧ください。

 

 


コラム一覧


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約