弁護士コラム

自転車のルールが変わる?―道路交通法の改正

zitensha

近年自転車のマナーについてマスコミで取り上げられる機会が増えてきました。

 

これまででは、スマホや音楽プレーヤー等を操作しながら運転する「ながら運転」やノーブレーキ自転車を公道で使用したりといったことが問題視されていました。

 

また、自転車事故でも死亡事故や重大な後遺障害を残す事故が発生しており、裁判で数千万円の高額な賠償を命じる事例も増えており、賠償額は高額化していると言われています。最近では、自転車や歩行者と自動車の信号を分ける歩車分離信号が次第に増えていますので、今後は自動車との衝突事故よりも自転車と歩行者あるいは自転車同士の事故が増えるかもしれません。

 

こうした自転車事故に対する社会的な関心もあって自転車保険も次第に普及し始めています。

 

そして今回、道路交通法の改正により、平成27年6月1日から自転車の規制が変わります。具体的には、新たに違反を繰り返す悪質な自転車運転者に対して講習義務が課されます。

 

すなわち、交通の危険を生じさせる違反を3年間の間に2回以上繰り返した場合に、安全講習を義務付けられます。この安全講習は3時間のプログラムで自動車の違反者講習と同じく費用(標準額は5700円で各都道府県の条例で別途それぞれ金額が定められます。)がかかります。義務を課されてから3か月以内に受講しなければ、5万円以下の罰金に科せられます。

 

「交通の危険を生じさせる違反」として挙げられているのは、以下の14項目です。先ほどの「ながら運転」は14の安全運転義務違反となり違反となります。

  • 1 信号無視
  • 2 通行禁止違反
  • 3 歩行者用道路徐行違反
  • 4 通行区分違反
  • 5 路側帯通行時の歩行者通行妨害
  • 6 遮断踏切への立入り
  • 7 交差点安全進行義務違反等
  • 8 交差点優先車妨害等
  • 9 環状交差点の安全進行義務違反
  • 10 指定場所一時不停止等
  • 11 歩道通行時の通行方法違反
  • 12 ブレーキ不良自転車運転
  • 13 酒酔い運転
  • 14 安全運転義務違反

自転車はとても便利で身近なものですが、道路交通法上自転車も自動車やバイクと同じく立派な車両です。今回の改正で自転車に対する取り締まりは強化されますので、これまで以上にルールをしっかり守って使用しましょう。

 

 


コラム一覧


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約