被害者の職業が『兼業主婦』の解決事例

全2件中 1〜2件目を表示
  • 1
  • むちうち(首・腰)
  • 兼業主婦
  • 右直事故
  • 自動車
  

むちうちの後遺症が弁護士の異議申立てで後遺障害と認定された例

ご依頼後取得した金額
250万円
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級非該当→14級9号(頚部痛)


40代、兼業主婦

詳細を見る
  • 2
  • むちうち(首・腰)
  • 会社員
  • 兼業主婦
  • 自動車
  • 追突
  

夫婦で示談交渉を依頼し合計約175万円の賠償金を獲得した事例

ご依頼後取得した金額
夫婦2人総額 約175万円(治療費等を除く)
受傷部位首(頚椎捻挫)


50代兼業主婦

詳細を見る

その他の「被害者の職業別」の解決事例についてはこちら

当事務所の解決事例ページへ戻る


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約