被害者の職業が『無職』の解決事例

全3件中 1〜3件目を表示
  • 1
  • 巻き込み事故
  • 歩行者
  • 無職
  • 頭部・脳
  • 高次脳機能障害
  

高次脳機能障害で9級が認定された事例

ご依頼後取得した金額
1400万円
受傷部位頭部(外傷性くも膜下出血、脳挫傷、多発頭蓋骨骨折、前頭骨陥没骨折)
等級併合6級(高次脳機能障害9級、外貌醜状7級)

  • 2
  • 上肢(肩・腕・手)
  • 下肢(足・足指)
  • 人対車両
  • 歩行者
  • 死亡事故
  • 無職
  • 頭部・脳
  

高齢者の死亡事故で、弁護士が2000万円での示談を成立した事例

ご依頼後取得した金額
2000万円
受傷部位全身(閉鎖性ショック死、左多発肋骨骨折)


70代、無職

詳細を見る
  • 3
  • バイク
  • 下肢(足・足指)
  • 右直事故
  • 無職
  

事故時、無職だったが賃金センサスにより逸失利益を獲得した事例

ご依頼後取得した金額
約2550万円
受傷部位股関節(外傷性恥骨結合離開)
等級併合9級(右股関節の可動域制限で10級11号、左股関節の可動域制限で10級11号に該当)


30代無職

詳細を見る

その他の「被害者の職業別」の解決事例についてはこちら

当事務所の解決事例ページへ戻る


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約