事故時状況が『歩行者』の解決事例

全11件中 9〜11件目を表示
  • 9
  • 下肢(足・足指)
  • 人対車両
  • 学生・幼児
  • 歩行者
  

裁判をせずに裁判基準以上の慰謝料を獲得した事例

ご依頼後取得した金額
約300万円
受傷部位右足(右脛腓骨骨幹部骨折)
等級なし


10代学生

詳細を見る
  • 10
  • むちうち(首・腰)
  • 人対車両
  • 会社員
  • 歩行者
  

むちうちで入院して、後遺障害が認められた事例

ご依頼後取得した金額
385万円(自賠責保険を含む)
受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級弁護士による手続により併合14級が認定(頚部痛14級9号、腰部痛14級9号)


20代会社員

詳細を見る
  • 11
  • 上肢(肩・腕・手)
  • 下肢(足・足指)
  • 人対車両
  • 会社員
  • 歩行者
  

弁護士に依頼して、橈骨骨折の後遺症が補償された事例

ご依頼後取得した金額
約850万円
受傷部位左腕(左橈骨骨幹部骨折)、肋骨(肋骨骨折)、膝(両膝挫傷)
等級弁護士の申請で併合14級を獲得(左ひじ痛,左ひざ痛)


50代会社員

詳細を見る

その他の「事故時状況別」の解決事例についてはこちら

当事務所の解決事例ページへ戻る


なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約