解決事例

保険会社の治療打切りを回避して後遺障害14級に認定された事例


※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。
なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

ご相談者Sさん
(北九州市小倉北区)


受傷部位首(頚椎捻挫)、腰(腰椎捻挫)
等級併合14級
ご依頼後取得した金額
約265万円

内訳

損害項目 弁護士によるサポート結果
傷害慰謝料 約95万円
後遺傷害慰謝料 約110万円
後遺障害逸失利益 約60万円
回収額 約265万円

※その他にも治療費など表には記載していない損害があります。

状況

Sさんは、信号停車していたところ、加害車両に追突される事故に遭いました。

この事故により、Sさんは、頸椎捻挫、腰椎捻挫などの傷害を負い整形外科に通院せざるを得なくなりました。

Sさんは、週に1~2回程度のペースで通院を継続していましたが、中々痛みがとれませんでした。

痛みがとれなかった場合の賠償などについて不安になったSさんは、デイライト法律事務所に相談に来られました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Sさんに事故状況や治療経過を聴きとった上で、交通事故事件での最終的な解決までの流れについて説明を行いました。

また、相談に来られたのが事故から3カ月を経過した頃であり、まだ回復の見込みもあったことから、治療を継続して頑張るように説明を行いました。

その後、6ヶ月を経過した頃に、保険会社から治療打切りの連絡がありました。

保険会社の担当者は、事故から6ヶ月なので、治療費の対応は打ち切らせてもらいます、といった感じでした。

弁護士は、Sさんに確認したところ痛みは残っているものの、治療の効果は出ているとのことでした。

そこで、弁護士は、Sさんと主治医に面談を申込み、症状固定の時期(相手方保険会社が治療費の支払義務を負う終期)について、相談をしました。

そうしたところ、治療はまだ継続すべきであるとの回答をもらうことができました。

このことを保険会社に説明したところ、当初は難色を示していましたが、最終的には、治療打切りを撤回してもらうことができました。

その後、Sさんは、1カ月ほど治療を継続されたところで、医師から症状固定の診断をされました。

そこで、弁護士において、後遺障害申請に必要な書類を集めて、後遺障害の申請を行ったところ、首の痛みと腰の痛みについて、後遺障害14級9号が認められ併合14級の認定を受けることができました。

この認定に基づき、弁護士によりSさんの損害を計算して、相手方保険会社に賠償の提示を行いました。

相手方保険会社は、当初、慰謝料について裁判基準(裁判をした場合の水準)の80%の金額しか提示をしませんでした。

しかし、弁護士に置いて、事故の規模が大きく、Sさんに腰部、頸部に強い痛みが残っていること等を説明した結果、後遺障害慰謝料については裁判基準の100%、傷害慰謝料については、裁判基準の90%で解決することができました。

また、後遺障害逸失利益についても、労働能力喪失期間5年間、喪失率5%と裁判をした場合と同等の水準での合意をすることができました。

 

補足

保険会社は、骨折や脱臼などレントゲンなどの画像で明らかな異常がない場合については、3ヶ月長くても6カ月程度で強行的に治療費の打切りを主張してくることが多いです。

しかし、いつの時点が症状固定となるかは個人差があります。

また、症状固定の判断は、医学的な観点から判断されるべきものです。

したがって、保険会社から治療費の対応の打切りを告げられた場合には、まず主治医に相談しましょう。

主治医が治療継続の必要性があるという判断をしてくれれば、それを根拠に保険会社と治療費対応の打切りについて交渉が行いやすくなります。

弁護士に依頼している場合であれば、本件のように弁護士が主治医と面談して症状固定について見解を聞いた上で、保険会社と交渉することが可能です。

症状固定について、詳しく確認されたい方は、こちらをご覧ください。

 

 

その他、受傷部位が『腰』の解決事例についてはこちら
交通事故弁護士による無料相談。ご相談の流れはこちら

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約