後遺障害はどのように申請したらいい?

「事前認定」と「被害者請求」

後遺障害の申請の方法としては、「事前認定」と「被害者請求」の2種類の方法があります。

解説図「事前認定」は、相手方の保険会社が必要書類を揃えて申請する方法です。

交通事故の被害者としては、後遺障害診断書を医師に作成してもらい、それを相手方保険会社に渡すだけでよく、残りの必要書類は相手方保険会社が準備して申請してくれます。

後遺障害申請書

事前認定のメリットは交通事故被害者の手間がはぶけるところです。自ら申請をするとなると、書類をまとめるだけで一苦労ですが、事前認定であれば後遺障害診断書以外は相手方保険会社が準備してくれるので申請が簡便です。

もっとも、事前認定は、相手方保険会社にほぼ丸投げ状態での申請となるので、その過程や申請書類の内容に関しては不透明であるデメリットもあります。

「被害者請求」は、被害者の方自身が申請に必要な書類を準備して申請する方法です。

先にも述べたように、自分で必要書類を集めることは大変です。

しかし、自ら申請することになりますから、どのような書類を提出しているのか当然把握できますし、適切な認定をしてもらうために必要な証拠も付け加えて申請することができます。

例えば、交通事故の規模を示すために物損の損害額が分かる資料や自動車の破損状況の写真、あるいは被害者の方が現に困っている日常生活上の支障を陳述書として提出するなどといったことが考えられます。

弁護士また、「被害者請求」のメリットとしては、後遺障害等級認定を受けることができた場合には、自賠責基準に基づく損害の支払いを直接被害者の方が受けることができます。

「事前認定」の方法をとった場合では、保険金は相手方保険会社が受領し、示談交渉が終了するまで、被害者の方は賠償金を受け取ることはできません。

弁護士鈴木啓太デイライト法律事務所では、弁護士が後遺障害の申請手続の全てを行っていますので、準備の手間もありませんし、事前認定の場合のような不透明な部分もありません。

また、数多くの申請を通じて、どのような書類を補足すべきかといったノウハウも日々蓄積しております。

ですので、福岡で交通事故の後遺症についてお困りの方はまずはデイライト法律事務所の弁護士にご相談ください。

 

 

申請の時期

カレンダー後遺障害の申請の時期は、症状固定に至った時期です。

症状固定とは、体の痛みや動かしづらさは残存しているものの、現代医学ではこれ以上改善が望めない状態です。

症状固定は、医学的判断になりますので、その時期がいつの時点になるかは、主治医の先生の意見が最も重要となります。最終的に訴訟となった場合には、裁判官が判断することになりますが、医学の専門家である医師でしかも被害者の治療経過を把握している主治医の意見は尊重されることが多いです。

病院保険会社から症状固定だから後遺障害申請をして下さいと言われてもそれを鵜呑みにしてはいけません。

保険会社からこのように言われた場合には、主治医の先生と相談し、専門の弁護士に相談されるべきです。

 

 

後遺障害の認定者

保険会社準備した書類は、相手方が加入している自賠責保険会社に提出することになります。

そして、実質的に後遺障害等級の審査をして認定するのは、損害保険料率算出機構です。損害保険料率算出機構は、「損害保険料率算出団体に関する法律」に基づいて設立された団体で、会員は損害保険会社で構成されています。

損害保険会社が会員なら保険会社に有利な判断をするのではないかと疑念をもたれる方もいるかと思いますが、損害保険料率算出機構は、制度的には損害保険会社から独立した中立的な団体です。

 

 

後遺障害についてよくある相談Q&A

複数ある後遺症の等級は、障害のグループに分類される後遺症の等級を比較し、重い方の等級を繰り上げて評価します。[…続きを読む]

事故による積極損害、消極損害、慰謝料、家屋の改造費や将来の装具等購入費用、後遺症による逸失利益、後遺症による慰謝料が請求できます。[…続きを読む]

後遺障害とは、将来においても回復困難と見込まれる身体的あるいは精神的な状態をいい、労働能力の喪失を伴うものをいいます。[…続きを読む]

後遺障害診断書は、決まった書式があり、その書式を病院ンに持参し、主治医の医師に持参して記入してもらいます。[…続きを読む]