交通事故問題に対するきめ細やかなサービス

デイライト法律事務所では、クライアントの法律問題に対して、最高の解決をご提供するのは当然であると考えています。

そこで、当事務所は、法律問題の解決だけではなく、クライアントに「幸せ」になってもらうために、様々なサポートをご提供しています。

 

法律事務所とは思えない環境づくり

 

 
デイライト法律事務所では、交通事故の被害者の皆様が少しでも安心してご相談いただけるよう、事務所内の設備にも気を配っております。

具体的には、当事務所は、九州でも5本の指に入る規模に当たる弁護士14名体制のため、目的に応じた会議室を多数設置しております。

その中でも、交通事故についての専用相談室を完備し、骨の模型やレントゲン写真を見るためのシャーカステンという機械も置いています。

また、小さいお子さんを連れても、気軽にご相談いただけるように、十分な広さのキッズルームを完備した相談室もご用意しています。

また、デイライト法律事務所では、ご相談者様にリラックスしていただくために、会議室を明るい雰囲気にし、リラックス効果のあるBGMを流しております。

さらに、当事務所では、ご相談者様の不安や緊張を少しでも和らげるためカフェサービスをご提供しております。

緑茶やコーヒーなど、多数のメニューをご準備しておりますので、お気軽にお申し付けください。カルピスなどのお子様向けのお飲み物もご用意しています。

こうした環境づくりに対して、実際にご相談いただく交通事故の被害者の方からも「法律事務所ってもっと堅苦しいイメージがあったので、デイライト法律事務所に来てイメージが変わりました」というお声を数多くいただいております。

博多オフィスは2017年、小倉オフィスは2018年に増床してリニューアルを行うなど、日々進化しています。

事務所紹介についてはこちらをどうぞ。

 

 

ライフ・コンサルテイング・サービス

 

 
デイライト法律事務所の弁護士は、全員ファイナンシャル・プランニング技能士の資格も持っております。

ファイナンシャル・プランニングとは、ご相談者様のライフスタイルや経済環境を踏まえて、問題や不安を解決するために、総合的な視点でアドバイスを行なうことができる専門家です。

交通事故に直面すると、就労の制限等により、これまでの経済環境が大きく変化するため、今後の生活に不安を感じる方が多くいらっしゃいます。

デイライト法律事務所の弁護士がファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取得しているのは、このような方々の不安を解消したいという想いからです。

電卓そして、デイライト法律事務所では、希望される方全員に対して、個々の状況に応じたライフプランのシミュレーション表をお渡しするとともに、専門のコンサルタントに依頼して、今後の生活に対して、ていねいにアドバイスを行っております。

なお、本来、ライフ・コンサルティングは、4万5000円(税別)の費用を要しますが、デイライト法律事務所では、無償でこのサービスを提供させていただいておりますので、ぜひご活用ください。

 

 

メンタルケア心理士資格を有する弁護士がメンタル面を強力にサポート

 

 
交通事故にあわれた方は、加害者の誠意のない対応等により、精神的にもつらい日々をお過ごしの方が多いと思います。

デイライト法律事務所には、カウンセリングや心理学等の知識を有するメンタルケア心理士資格を有する弁護士が在籍しております。

ご希望の方には、メンタルケア心理士資格を有する弁護士が、ご相談者様のお悩みやお気持ちに配慮したご相談を実施させていただきます。

デイライト法律事務所ロゴまた、デイライト法律事務所では、メンタルケア心理士資格を有する弁護士はもちろんのこと、所属する全ての弁護士がご相談者様に「寄り添う」ことを何より大切にしております。

当事務所の理念は、「誰よりもクライアントに寄り添い、すべてのクライアントを幸福へと導く」だからです。

交通事故にあって、日々ご不安を抱えてお過ごしの方も、安心してご相談ください。

 

 

進捗状況の報告

 

 
示談交渉や訴訟は、弁護士が代理人となって進めて行きます。そのため、現在どのような状況にあるのか、ご相談者様が不安になられることがあります。

デイライト法律事務所では、現在の状況について、電話やメール等でこまめに報告するように心がけております。

また、弁護士が相手方保険会社に送付した文書や相手方保険会社から送付されてきた文書については、その都度ご相談者様に写しを郵送しております。

弁護士には連絡しづらいとお感じになるかもしれませんが、少しでも気になることがあれば、何なりとご相談いただいて構いません。

 

 

労災請求もサポート

 

 
職場での事故(労災)による人身事故の場合、労災請求が必要です。

同じように、交通事故が勤務中や通勤中に発生した場合、労災保険から給付を受けることができます。

この場合、労災を申請した方が、補償が手厚くなる場合があります。

しかし、労災保険の給付をめぐっては、申請が複雑であり、提出資料も多く、対応できない法律事務所が多い状況です。

デイライト法律事務所には、社会保険労務士の資格をもつ弁護士が在籍しており、労災手続の知識・ノウハウを有しております。

また、連携している社会保険労務士もいますので、被害者の方の労災申請手続まで強力にサポートできます。

 

 
このように、デイライト法律事務所では、交通事故にあわれた被害者の方を最大限サポートすべく、様々なサービスをご提供しております。交通事故でお困りの方は、是非デイライト法律事務所の弁護士までご相談ください。

 

 

 


デイライト法律事務所が選ばれる理由

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約