よくある相談Q&A

夫が交通事故で植物状態となりました。どのような請求ができますか?


症状固定までの治療関係費、入院雑費、付添看護費、交通費、傷害慰謝料、休業損害などを請求できます。

症状固定後については、後遺障害逸失利益、後遺損害慰謝料、将来の治療費、将来の介護費用などを請求できます。

 

植物状態とは

寝たきりの男性のイラスト植物状態とは、交通事故による頭部外傷などで、意識不明で寝たきりになっていることです。

日本脳神経外科学会の定義によりますと下記の①~⑥の状態が3か月以上続いている状態であるとされています。

①自力で移動ができない
②自力で食事ができない
③大便、尿失禁がある
④眼球は動いても見たものを認識できない
⑤簡単な命令に応じても、意思疎通は不可能
⑥発声をしても意味のある言葉を言えない

 

この場合、遷延性意識障害として、後遺障害1級が認められる可能性が高くなります。

 

 

成年後見人の選任

家庭裁判所のイラスト被害者が植物状態となると、被害者自身の意思表示や判断ができなくなります。

そこで、被害者に代わって損害賠償請求等の手続を行う成年後見人を選任する必要があります。

成年後見人の選任は、家庭裁判所へ申立てをします。

交通事故による成年後見事案の場合、保険会社との交渉を伴うため、弁護士が後見人に選任されるケースもあります。

 

損害賠償請求の内容

 

症状固定までの損害

 

医師の説明のイラスト積極損害として治療関係費、入院雑費、付添看護費、交通費が請求できます。

付添費の金額は上下することはありますが、プロの付添人の場合は全額実費、近親者には大体1日につき6500円(裁判基準)が目安となります。

また、消極損害としての休業損害、傷害慰謝料も請求できます。

 

 

症状固定後の損害

家事をする主婦のイメージイラスト将来の治療費、将来の介護費用、後遺障害逸失利益、後遺損害慰謝料などを請求できます。

一般的には、症状固定後の治療費請求は認められていません。

しかし、植物状態の場合、保存的療法が必要であるため、症状固定後の将来の治療費請求も認められる可能性が高いです。

将来の介護費用は、職業的な看護・介護者の付添人の場合は実費全額、近親者付添人は1日につき8,000円が目安となります。

 

 

後遺障害逸失利益

 

逸失利益については、稼働可能年齢(67歳まで)、100%の喪失率を前提に請求することになります。

しかし、遷延性意識障害となると感染症に罹患しやすく、被害者の生存期間が平均余命より短くなることもあるという理由から、喪失期間が数年に限定されることもあります。

後遺障害慰謝料

裁判例のイメージイラスト1級の後遺障害慰謝料は裁判基準では2800万円となっていますが、事案に応じて増減がなされます。

近親者の慰謝料

裁判のイメージイラスト「植物状態の障害について死亡した場合と対比して勝るとも劣らない」として、植物状態になった被害者近親者固有の慰謝料請求が認められました(東京地判昭和58年9月26日)。

なお、近親者とは、被害者(植物状態になった人)の父母、配偶者、子どもなどです。

このように、植物状態(遷延性意識障害)については、請求すべき項目が多数に及びますし、成年後見についても検討が必要になりますので、弁護士に相談すべき事案といえます。

 

電話をするイラスト

ご家族が交通事故により植物状態になってしまった、という方はお早めに弁護士へご相談ください。

ご相談はこちらから

高次脳機能障害について、こちらも合わせてご覧ください

 

 

 

 


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約