よくある相談Q&A

交通事故の怪我で入院した際に個室や特別室を使用したため、通常よりも費用がかかっています。この費用についても支払ってもらえますか?


弁護士西村裕一イラスト原則として、入院中の個室や特別室などの差額ベッド代は認められません。

しかし、医師の指示や、重篤な脳障害を負ったなどの受傷の内容、程度から個室の必要性がある場合や入院時に空きベッドがなくやむを得ず個室を使用した場合には、個室料も損害賠償として支払ってもらうことが可能です。

医学的な理由がなく、単に「個室の方がいい」という理由で個室を使用した場合には、個室や特別室などの差額ベッド代は損害として認められる可能性は低いでしょう。

入院中の個室使用が認められるとき

裁判のイメージイラスト原則として、入院中の個室や特別室などの差額ベッド代は損害として認められません。
ただし、裁判例では、以下の場合に差額ベッド代の補償が認められています。

 

1.医師の指示があるとき

 

説明する男性のイラスト下記の事例のように、下肢の骨折によりトイレまでの移動が困難というような場合には、個室が適切であるという医師の指示も出やすいと考えられます。

 名古屋地判 H25.4.26

右手関節の機能障害、右股関節の機能障害のある患者が病室内で排せつの必要があり、また「死にたい」など叫ぶことがあった事例

 

2.特別な事情があるとき

 

(1)症状が重篤なとき

植物状態となったとき(大阪地裁H2.4.23)。

脳外傷を負った場合で、ICUに長く入っていた際に、いきなり集合部屋という形ではなく、まずは個室で経過観察をするというケースがあります。

 

(2)空室がなかったとき

病院側の事情で、そもそも一般病棟が空いていない場合には、被害者側には左右できない事情により、個室となっているため、加害者にその補償を請求することは可能です。

この場合、病院から保険会社へベッドが満床であることを伝えておいてもらう必要があります。

 

将来の入院個室使用が認められた例

寝たきりの男性のイラスト既払いの入院個室代以外にも、将来の入院個室使用が認められた事例も高次脳機能障害の事案や遷延性意識障害のケースではあります。

 東京地判 H12.9.27

びまん性脳損傷により植物状態の患者について、将来も入院することが見込まれるとして将来の入院個室使用料が認められた事例

 

 大阪地判 H13.9.10

症状固定から5年後と10年後各3日の手術の際に必要となる個室料金が認められた事例

 

 神戸地判 H16.12.20

遷延性意識障害の女性につき、症状固定から口頭弁論終結までの個室使用料と、将来の個室使用料を、被害者側の求めに応じて、定期金賠償方式で認めた事例

 

 

個室使用の必要性の立証

車椅子などのイメージイラスト入院中の個室使用について、医師の指示があったことや症状が重篤であったこと、空室がなかったという特別な事情があったからといって、無条件に個室使用料が損害として認められるわけではありません。

患者である被害者側が、医師の指示があった、症状が重篤であったことや空室がなかったという具体的な事実について主張をし、診療報酬明細書のほか、必要性についての具体的な事情や必要な期間が記載された診断書等の証拠を提出する必要があります。

このような具体的な事情や必要な期間が証明されると、個室等の使用について相当な期間が損害賠償として認められることになります。

本のイラスト詳しくは交通事故専門の弁護士にご相談ください。

弁護士へのご相談はこちら「交通事故無料相談の流れ」からどうぞ。

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約