よくある相談Q&A

交通事故で怪我をして入院しました。治療費は自分で支払わければならないのですか?


車椅子の老人のイラスト交通事故で怪我をして入院しました。

病院の治療費は自分で支払わければならないのでしょうか?

 

 

弁護士鈴木啓太イラスト病院へ治療費を支払うのは、原則として治療を受けた患者すなわち被害者自身です。

交通事故加害者が任意自動車保険に加入している場合は、任意保険会社から病院に治療費を直接支払ってもらえることが多いですが、あくまで被害者が自ら治療費を病院へ支払い、のちに加害者や加害者の自動車保険会社へ請求をするのが原則となります。

 

 

治療費を支払う人

病院での治療を受けるのは患者である被害者ですから、被害者が治療費を病院に支払うのが原則となります。

 

 

病院が保険会社による治療費の支払いを認めない場合

病院での治療を受けるのは患者である被害者ですが、被害者の立場からは治療を受ける原因をつくった交通事故加害者が治療費を払うものと考えるでしょう。

一方、加害者の立場からすれば、治療費は保険会社に払ってもらいたいと考えるでしょう。

人身事故の場合、被害者が治療を受けている病院に対し、加害者の契約する任意自動車保険会社が連絡をとり、治療費を保険会社が支払うことについて病院から了解がとれれば、任意自動車保険会社が病院に治療費を支払っています。

医者のイメージ画像しかし、病院の中には患者以外からの治療費の支払を認めていないところがあります。

病院が治療契約を結んでいるのは患者です。加害者や保険会社と治療契約を結んだわけではありません。病院の立場からすれば、治療を受けるのは患者である被害者ですから、被害者自身に治療費を請求するのが当たり前といえるでしょう。

このように、病院が患者以外からの治療費支払を認めていない場合、保険会社から病院への治療費支払いはできないことになります。

 

 

交通事故の治療費の負担は大きい

入院のイメージイラスト患者である被害者が病院へ治療費を支払い、示談成立後損害賠償として補填してもらう場合、被害者がいったん手出しする治療費が高額になってしまうという問題があります。

病院等の医療機関が請求する治療費は、治療内容を点数にして報酬額を算出します。

この点数を診療報酬点数といいます。健康保険を使って受診した場合、診療報酬点数1点につき10円で計算します。

ところが交通事故の治療で健康保険を使わない自由診療で治療を受けると、診療報酬点数が健康保険利用の1.5倍以上になることがあります。

費用のイメージ画像例えば、診療報酬点数が100,000点の治療を受けた場合

健康保険使用の場合、治療費総額100万円になりますが、自己負担分の2割または3割(20万円~30万円)を支払うことになります。

一方、健康保険を使わない自由診療の場合、診療報酬点数を1点=15円とすると、治療費総額150万円になり、医療機関へ150万円全額の支払うことになります。

このように自由診療で交通事故の治療費を受けると、その支払い額が被害者にとって大きな負担になります。

 

 

交通事故の治療での健康保険使用

治療費への負担が大きく経済的に困窮してしまい、満足な生活を送れなくなったり、後日、治療を受けられなくなったりするのを回避できないのでしょうか?

被害者の治療費の負担を小さくする方法として、被害者自身の健康保険での受診があります。健康保険は、交通事故など第三者の行為による怪我については原則として使えませんが、市町村や保険組合健康保険の保険者へ「第三者行為による傷病届」を提出し、手続きを行えば、交通事故の場合であっても健康保険での治療が可能です。

医師の説明のイラスト病院など医療機関は、被害者である患者から健康保険を使う旨を提示された場合、拒絶できません。

治療費の支出について不安がある方は、一度専門家である弁護士にご相談ください。

ご相談の流れについては、こちらをごらんください。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧




なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約