よくある相談Q&A

入院中に必要な日用雑貨を購入したのですが、これらは賠償してもらえないのでしょうか?


入院のイメージイラスト入院の際、治療費以外にもティッシュや飲み物といった物品を購入するために支出をすることがあります。

こうした費用については、入院雑費という費目で処理されるのが通常です。

入院雑費は、実務上入院日数に応じて一定額を賠償してもらうことが認められています。

入院雑費とは

被害者の入院中には治療費以外にも様々な費用がかかります。

 

入院中に支出した、以下のようなさまざまな費用も損害として認められます。

日用品雑貨費

パジャマなどの衣類、寝具、洗面用具、ティッシュ、文房具、食器などの日用品雑貨購入費用です。

通信費

通信費とは、電話代、切手代、電報代等の費用です。

文化費

文化費とは、新聞、雑誌の購入費、病院内でのテレビカード購入費やテレビ・ラジオの賃貸料等の費用です。

 

 

入院雑費の請求について

本のイラスト上述のような入院雑費について、裁判基準(赤本基準、弁護士基準)では入院1日当たり1,500円を定額で認めています。

 

自賠責基準では入院1日当たり1,100円を認めています。

細かいですが裁判基準と自賠責基準では1日当たり400円の差があります。

定額で認める理由

説明する女性のイラスト入院雑費は個々の多くの出費が少額であること、個別に出費の相当性・必要性を考慮することはとても煩雑で実益に乏しいため、定額化されています。

 

したがって、入院雑費の請求の際、領収書の添付は不要な場合がほとんどです。

将来の雑費

介護のイメージイラスト重度の後遺症が残った被害者の将来の雑費について、健常者が日常生活に必要とされている費用に含まれていない費用であると認められることと、将来にわたって雑費代として支出する蓋然性が高いと認められるとき、中間利息を控除した上で、損害として請求できます。

裁判例で認められた将来の雑費として、以下の品目があります。

 大阪地判 H20.6.30
紙おむつ代・外出用の生理用品代などの将来の衛生費を平均余命までの購入費用を認めた事例

 東京地判 H17.10.27
人工導尿のためのカテーテル、ゴム手袋等の用具等を認めた事例

 東京地判 H16.5.31
食事用のエプロン、ミキサー1台、歯磨き用の吸いのみ、口腔洗浄時の汚水受けとしてのガーグルベースなどを認めた事例

 大阪地判 H22.5.12
人工肛門ケア用品としてパウチ、洗浄剤、不織布テープ、皮膚保護剤、剥離剤、ガーゼ、装具などを平均余命までの購入費用を認めた事例

 

医師の説明のイラストこうした将来の雑費まで認められるためには、医師の診断書や意見書などにより、客観的な証明が必要になります。

また、入院雑費と異なり、ティッシュやパジャマといった日用品は、交通事故に遭わなくても支出が必要になりますので、このような費用については補償の対象外と考えられます。

詳しくは交通事故専門の弁護士へご相談ください。

ご相談についてはこちら「交通事故無料相談の流れ」をご覧ください。

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約