よくある相談Q&A

交通事故で慰謝料はもらえるのでしょうか?


慰謝料のイメージイラスト交通事故の被害者が請求できる慰謝料は、被害者本人が死亡したとき、怪我をしたとき、怪我による後遺症が残ったときにそれぞれ損害として認められます。

慰謝料は、被害者本人の死亡、怪我、後遺症の残存など身体に対する精神的苦痛の賠償です。

したがって、交通事故で怪我はなく、損害が自動車の修理代だけといった物損のみの場合には、原則として慰謝料は発生しないとされています。

 

慰謝料とは

説明する男性のイラスト慰謝料とは、交通事故被害者が死亡や怪我、怪我による後遺症が残ったことによる精神的損害に対する金銭賠償のことです。

被害者が死亡した場合は死亡慰謝料、怪我をした場合は傷害慰謝料、後遺症が残存した場合は、後遺症による慰謝料が認められます。

 

慰謝料の算定要素

計算のイメージイラスト慰謝料の算定は、被害者や加害者の過失の内容・程度、被害者の傷害の部位・程度・治癒に至る経過、被害者の年齢・学歴・職業・資産・収入・社会的地位・家族関係、加害者の事故の態様や事故への対応などにより決定されます。

しかし、自動車事故を公平かつ迅速に解決する目的から、慰謝料は自賠責基準、任意保険会社各社の基準、裁判基準などである程度定額化されています。

 

死亡慰謝料

死亡した被害者本人とその遺族に支払われる慰謝料です。

自賠責基準

 

死亡者本人の慰謝料⇒350万円

遺族の慰謝料
・請求する遺族が1名のとき⇒550万円
・請求する遺族が2名のとき⇒650万円
・請求する遺族が3名以上のとき⇒750万円
・被扶養者がいるとき⇒上記金額に200万円を加算

 

裁判基準(赤本基準)

・被害者が一家の支柱(収入の中心)の場合⇒2800万円
・母親・配偶者⇒2500万円
・そのほか⇒2000万円~2500万円

 

 

傷害事故の慰謝料

説明する女性のイラスト怪我の状態や入院、通院期間により基準が決まっています。

自賠責基準

自賠責基準では傷害慰謝料は、1日当たり4200円×通院期間を基準とします。

ただし、通院期間と「実通院日数×2」の日数を比較して、少ない方を基準として算出されます。

例えば、通院期間30日、実通院日数10日の場合、

実通院日数10日×2=20日<30日となるため、4200円×20日=8万4000円が自賠責基準の慰謝料となります。

 

裁判基準(赤本基準)

裁判基準の傷害慰謝料(入通院慰謝料)は、入院日数および通院日数に応じて基準となる慰謝料額が定められています。

基本的には「別表Ⅰ」より慰謝料金額を算定しますが、傷害がむち打ち症で他覚症状が無い場合には、「別表Ⅱ」より慰謝料金額を算定します。

 

 

後遺症慰謝料

怪我をした女性のイラスト後遺症の程度によって、基準化されています。

後遺障害等級 自賠責基準 裁判基準
(赤本基準)
第1級 1100万円 2800万円
第2級 958万円 2370万円
第3級 829万円 1990万円
第4級 712万円 1670万円
第5級 599万円 1400万円
第6級 498万円 1180万円
第7級 409万円 1000万円
第8級 324万円 830万円
第9級 245万円 690万円
第10級 187万円 550万円
第11級 135万円 420万円
第12級 93万円 290万円
第13級 57万円 180万円
第14級 32万円 110万円

 

交通事故の慰謝料について、こちらの動画も合わせてご覧ください。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧




なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約