よくある相談Q&A

後遺障害慰謝料はどのくらいになりますか?


裁判基準(赤本基準)では、認定された等級に応じて、以下のように一応の基準が定められています。

第1級 第2級 第3級 第4級 第5級 第6級 第7級
2800万円 2370万円 1990万円 1670万円 1400万円 1180万円 1000万円
第8級 第9級 第10級 第11級 第12級 第13級 第14級
830万円 690万円 550万円 420万円 290万円 180万円 100万円

 

被害者本人の後遺症慰謝料

慰謝料のイメージイラスト後遺症慰謝料については、交通事故の迅速な解決や公平のため、後遺症慰謝料は一定程度基準化、定額化されています。

 

後遺障害が自賠法施行令別表第1または第2の等級のうちいずれに相当するかの認定判断がされることを前提に、裁判では上記の後遺症慰謝料の基準に準拠し、判断されています。

後遺症が残存したが、自賠責14級に至らない場合

悩む女性のイラスト後遺障害について14級に至らない場合は、非該当となってしまい、後遺症慰謝料は原則として支払われません。

 

しかし、後遺症として自賠責基準14級に該当しなくても、現実に後遺症が身体に残存している場合には、症状の内容や程度に応じた後遺症慰謝料が認められることもあります。

例えば、14級に満たない醜状を残した場合や歯科補綴が2歯以下にとどまった場合、後遺症慰謝料が認められることもあります。

しかしながら、後遺障害の認定がなされていない以上、認めてもらうためには裁判を提起するなどの対応が必要になるでしょう。

より上位の等級に至らない場合

怪我をした女性のイラスト例えば、14級の後遺障害が認定されましたが、より上位の等級である12級に該当しなかった場合です。

 

このような場合、原則として14級の後遺症慰謝料が原則となりますが、症状の内容や程度によって認定された等級の後遺症慰謝料に相当額が加算されることがあります。

既存障害のある場合

被害者に交通事故以前から交通事故外傷に影響がある既存障害があった場合、既存障害の存在を考慮して、(減額して)慰謝料が決定されます。

 

慰謝料の増額事由

以下のような場合、後遺症慰謝料が基準額より増額されることがあります。

 

1.逸失利益の算定が困難または不可能な場合

顔の怪我のイメージイラスト後遺症による逸失利益の算定が困難または不可能な場合、例えば外貌醜状、歯牙障害、生殖機能障害、臭覚障害、骨盤骨変形等の後遺症については、これらの後遺症が労働能力に直接影響を与えると言い難いケースもあります。

 

このような場合、後遺症による逸失利益は否定されますが、その分後遺症慰謝料が増額されることがあります。

2.将来の手術費の算定が困難な場合

差額のイメージイラスト後遺障害が残存した場合、今回ご説明した後遺症慰謝料と自賠責保険金との差が生じます。

具体的には、後遺障害14級の自賠責保険金は逸失利益も含めて75万円ですが、裁判基準の場合、後遺症慰謝料のみで110万円が基準となります。

この差に関しては、弁護士にご依頼いただかなければなかなか埋めることができないのが現状です。

したがって、後遺障害がすでに認定されている場合には、早めに弁護士に相談するのが肝要です。

弁護士への相談はこちら「交通事故無料相談の流れ」をごらんください。

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約