よくある相談Q&A

交通事故の怪我、痛みを我慢し通院しませんでした。慰謝料はもらえませんか?


痛む男性のイメージイラスト交通事故で怪我をしました。痛みを我慢して通院しませんでした。

我慢した分は慰謝料としてもらえませんか?

 

 

肩の痛みのイメージ画像基本的に、通院をしていない以上慰謝料の請求は困難です。

したがって、我慢せずに医療機関での治療を速やかに受けるべきです。

なお、自賠責保険の傷害慰謝料は、実治療日数の2倍と治療期間を比べ、数の小さいほうに4,200円をかけて算出します。そのため、通院日数が少ないと支払われる傷害慰謝料は少なくなります。

 

 

慰謝料とは

慰謝料のイメージイラスト弁護士が解説します。

慰謝料とは、精神的損害に対する金銭賠償のことです。

交通事故など第三者の故意・過失によって怪我を負った場合には、傷害慰謝料を受け取ることができます。

この傷害慰謝料とは、交通事故等の第三者の加害行為によって負傷し、入通院した場合に発生する損害賠償金です。

ここでいう傷害とは身体的に損傷された場合はもちろんのこと、精神的・心理的な損傷や内部的な疾患を生じた場合も含まれています。

 

 

慰謝料査定に考慮されること

慰謝料金額の算定にあたっては、

被害者側の事情

負傷した部位及びその程度、入通院期間、年齢・性別・職業

加害者側の事情

①行為の悪質性
②事故後の対応など

といった両当事者の事情を総合的に考慮して算出されることになります。しかし、傷害慰謝料という性質上、病院への通院がないと「傷害」を認めることはできないため、慰謝料は発生しません(物損事故の場合も慰謝料は発生しません)。

 

 

傷害慰謝料金額

慰謝料の算出基準には、自賠責基準、任意保険基準(任意自動車保険会社の基準)、裁判基準があります。

自賠責保険・共済の傷害慰謝料

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険・共済)の傷害慰謝料は、実治療日数の2倍と治療期間を比べて、数の小さいほうに4,200円をかけ算出します。

例【治療期間が1か月、そのうち実治療日数(通院日数)が3日だった場合】

治療期間(30日)より実治療日数(通院日数)の2倍(3日×2=6日)の方が小さいので、実治療日数(通院日数)を基礎にします。

6日 × 4,200円 = 25,200円

となります。

 

任意基準(任意自動車保険会社の基準)

各任意自動車保険会社が内部的に規定している基準です。現在公表されていません。

 

裁判基準

日弁連交通事故相談センター東京支部が作成した「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」(「赤い本」と呼ばれています。)掲載の「入通院慰謝料の算定表」を基準として、事案ごとの個別事情を加味しながら慰謝料金額が算定されています。

基本的には通院期間を基準にしますが、実通院日数が少ない場合には、実通院日数の3ないし3.5倍を目安にします。

 

弁護士西村裕一画像弁護士にご依頼いただくことで、弁護士が慰謝料を算定する際は、裁判基準で算定し、この基準で保険会社と交渉することになります。保険会社の慰謝料基準と比較しても裁判所基準が最も高い水準となります。

しかしながら、この裁判基準も通院日数を基準に慰謝料を算出します。

したがって、設例の事案のように痛みを我慢して通院していないという場合には、慰謝料は受け取ることができなくなりますので、早めに医療機関への受診をするようにしてください。

交通事故における慰謝料の算定方法について、こちらで弁護士が解説しております。合わせてご覧ください。

 

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約