よくある相談Q&A

むちうちでも後遺障害が残ることはあるのですか?


あります。

そもそも「むちうち」とは、交通事故により頸部に強い外力が加わることで、頸部が鞭をうったように動くことで生じる様々な症状をさします。医学的には外傷性頸部症候群と呼んだりします。

むちうちは、神経障害の後遺障害として12級13号や14級9号が認定される可能性があります。基本的には14級9号が認定されることが多いです。すですので、むちうちで後遺障害が残ることはあるのです。

むちうちの主な症状としては、患部の痛みや腕から指先にかけてのしびれ、筋力低下、頭痛やめまい、吐き気などが挙げられます。一言でむちうちといってもその症状は様々です

むちうちの種類や検査についてはこちら。

もっとも、むちうちは他覚症状がほとんどない場合が多く、基本的には自覚症状による傷病だといえます。しかし、後遺障害認定は、第三者である損害保険料率算出機構が行うわけですので、等級を獲得するためには、いかに自覚症状を他覚的にも判断できるようにするかがポイントです。

すなわち、各種検査や画像所見、後遺障害診断書の記載方法などを工夫する必要があるのです。

特に、指先のしびれや感覚異常といった神経症状が生じている場合、頸部の椎間板ヘルニアにより、神経根を圧迫している可能性があります。こうした異常は、レントゲン検査ではわからず、MRI検査が必要になります。むちうち症状で後遺障害の申請を行うに当たっては、MRI検査は受けるべきです。

むちうちについては、詳しくこちらに記載していますので、ご覧ください

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約