よくある相談Q&A

交通事故によるうつ病やPTSDは後遺障害として等級を認定されますか?


交通事故による非器質性精神障害は、9級、12級、14級の後遺障害等級が認定されることがあります。

 

非器質性精神障害とは

 

悩む男性のイラスト非器質性精神障害とは、脳の組織的な損傷(器質性変化)を伴わない精神的な疾患のことです。

そのため、損傷のある器質的損害との対比で非器質性精神障害と呼ばれています。

 

抑うつや不安等の精神症状と同時に歩行障害、視覚障害、感覚障害などの身体的機能障害も出現します。

裁判で後遺障害が認められた非器質性精神障害には、うつ病・うつ状態、パニック状態、不安障害、適応障害、身体表現性障害、転換性障害(ヒステリー)、統合失調症、PTSDなどがあります。

 

医師の説明のイラスト身体の組織的損傷がない非器質性精神障害であっても、治療により症状改善の見込みがあります。

したがって、精神科医の非器質性精神障害の診断があっただけでは、後遺障害として認定されるわけではありません。

器質的変化のある傷害と同様、症状固定まで一定期間治療を受ける必要があります。

 

 

症状固定について

 

仕事をする男性のイメージイラスト骨折などをはじめとする器質的変化のあるけがに比べて、症状固定時期の判断が難しいという側面があります。

ただし、精神障害の適切な療養期間(症状固定)について、以下のような調査結果があります。

 

1)精神疾患を有する労働者の家庭内療養期間(急性期から安定するまでの期間)は3~6か月が適当

2)精神状態が落ち着き、職場復帰が可能になるまでが1年以内が適当

3)事例調査と精神科医調査より精神疾患の適正な療養期間(症状固定)は2年が適当

 

これを前提にするとある程度の長期的な治療が必要になります。

 

 

非器質性精神障害の認定基準

 

説明する男性のイラスト自賠責保険・共済における非器質性精神障害の後遺障害等級を認定する基準は、労災の障害等級認定基準である『神経系統の機能又は精神の障害に関する障害等級認定基準について』(平成15年8月8日付厚生労働省労働基準局通達)を使います。その理由は自賠責保険・共済の後遺障害等級認定基準が労災基準に準拠しているからです。

 

そして、自賠責保険における非器質性精神障害の等級認定は、非器質性精神障害の特質を踏まえ、損害保険料率算定機構の専門部会において、以下の事項により総合的に判断されます。

 

(1)事故と発症との因果関係についての主たる調査

 

事故の状況、受傷状況

精神症状発症時期

精神科専門医受診に至る経緯

精神医学的な診断名 等

 

(2)症状残存の因果関係について主たる調査

 

発症以降の治療経過

残存症状に対する交通事故の影響

交通事故以外の要因等

 

残存する症状としては、以下のような分類があります。

 

A 精神症状

①抑うつ状態
②不安の状態
③意欲低下の状態
④慢性化した幻覚・妄想性の状態
⑤記憶または知的能力の障害
⑥その他の障害(衝動性の障害、不定愁訴など)

 

B 能力に関する判断項目

①身辺日常生活
②仕事・生活に積極性・関心を持つこと
③通勤・勤務時間の厳守
④普通に作業を持続すること
⑤他人との意思伝達
⑥対人関係・協調性

 

解説する医師のイメージイラスト

交通事故による非器質性精神障害の後遺障害認定について、お悩みの方はぜひ一度交通事故専門の弁護士までご相談ください。

弁護士へのご相談はこちらからどうぞ

 

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約