よくある相談Q&A

交通事故で顔に怪我をし、形成手術を受けましたが傷跡が残ってしまいました。慰謝料を請求できますか?


顔の怪我が後遺障害に該当すれば、後遺障害慰謝料が認められます。

 

顔の傷の後遺障害等級

 

説明する男性のイラスト顔の傷跡は「外貌に醜状を残すもの」として、その大きさ・態様によって、後遺障害7級、9級、12級に認定されます。

 

7級12号
外貌に著しい醜状を残すもの
 
9級16号
外貌に相当程度の醜状を残すもの
 
12級14号
外貌に醜状を残すもの

 

醜状の程度により、認定される等級に差があります。

外貌(がいぼう)とは、頭部、顔面部、頸部、上肢の肘から下、下肢の膝から下のことで、日常人の目によくつく部分です。

 

7級12号「外貌に著しい醜状を残すもの」

12級14号に該当する外貌醜状7級12号の「著しい醜状」とは、人目につく程度以上のもので、下記の損傷があるものをいいます。

 

(1)頭部に手のひら大(指の部分は含まない)以上の瘢痕、または頭蓋骨に手のひら大以上の欠損
(2)顔面部に鶏卵面大以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没
(3)頸部に手のひら大(指の部分は含まない)以上の瘢痕
例)左頬部に鶏卵大面以上の火傷跡や後頭部から項部・背面にかけての火傷によるケロイド性瘢痕

 

9級16号「外貌に相当程度の醜状を残すもの」

9級16号に該当する外貌醜状9級16号の「相当程度の醜状を残すもの」とは、顔面部長さ5センチメートル以上の傷跡があるものです。
例)右頬部から上口唇中央に達する長さ8センチメートルの線状痕

 

12級14号「外貌に醜状を残すもの」

12級14号に該当する外貌醜状12級14号の単なる「醜状」とは、人目につく程度以上のもので、下記のものをいいます。

(1)頭部に鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨に鶏卵大以上の欠損
(2)顔面部に10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3センチメートルの線状痕
(3)頸部に鶏卵大面以上の瘢痕
(4)顔面神経麻痺の顔のゆがみも単なる「醜状」と該当します。

 

※2個以上の同程度の瘢痕や線状痕のある場合は、その面積や長さを合算します。

基本的に後遺障害の認定は書面審査ですが、この外貌の醜状の後遺障害については、調査事務所に訪問して、面談で直接傷を確認することが多いのが特徴です。

 

 

顔の傷の後遺障害慰謝料

 

7級12号「外貌に著しい醜状を残すもの」

自賠責基準は409万円、裁判基準だと1000万円になります。

 

9級16号「外貌に相当程度の醜状を残すもの」

自賠責基準は245万円、弁護士会基準だと690万円になります。

 

12級14号「外貌に醜状を残すもの」

自賠責基準は93万円、裁判基準だと290万円になります。

 

 

顔の傷の後遺障害逸失利益

顔の傷の後遺障害逸失利益が認められるかについては争いがあります。
詳しくはこちらを参照下さい。

顔に傷が残った場合に、逸失利益は認められますか?

解説する男性のイメージイラスト上記のように、自賠責基準と裁判基準、弁護士会基準の金額には大きな差があります。

 

交通事故で顔に怪我をし、傷跡として残ってしまう可能性がある方は是非一度専門の弁護士へご相談ください。

ご相談はこちらから

 

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約