よくある相談Q&A

後遺障害の申請をしましたが非該当になりました。この結果に不服があるときはどうすればよいのですか?


後遺障害等級認定の結果に不満があるときは、異議申立てをすることができます。

 

交通事故の後遺障害等級認定への不服

医師の説明のイラスト後遺障害等級認定に不服があるとは、後遺障害の等級申請に対し、以下のような結果になったときを言います。

 

・後遺障害に当たらない(非該当)
・認定された等級が低かった

 

異議申立ての方法

異議申立ての申請は、1度目の後遺障害の申請方法と基本的には同じ方法で行います。

 

事前認定で後遺障害等級認定を申請したとき

申し込みをする女性のイラスト加害者の加入する任意自動車保険会社へ異議申立ての申請をすることができます。
事前認定の後に被害者請求へ切り替えて改めて後遺障害の申請を行うことも可能です。

被害者請求で後遺障害等級認定を申請したとき

書類作成のイメージイラスト被害者請求で後遺障害等級認定を申請したときは、加害者の加入する自賠責保険会社へ異議申立ての申請をします。

 

必要となる書類

窓口のイラスト
異議申立書は、各保険会社に備えてあります。
異議申立書に、申立人、被害者名、異議申立ての主旨、添付する資料名などを記入して、資料を添えて提出します。

 

審査先

審査のイメージイラスト後遺障害の認定をする損害保険料率算定機構・自賠責損害調査センター事務所で審査されます。

 

 

異議申立ての回答

郵送のイメージイラスト回答は、異議申立てを申請した先へ通知されます。

・加害者の加入する任意自動車保険会社へ異議申立てをしたとき
任意自動車保険会社から回答があります。・加害者の加入する自賠責保険会社へ異議申立てをしたとき
自賠責保険会社から直接回答があります。

 

異議申立てのポイント

解説する男性のイメージイラスト1度目の後遺障害について判断した審査と異議申立ての審査は、同じ損害保険料率算定機構で行われます。

そこで、1度目の結果を覆すためには、等級申請とは別の新たな資料の添付が必要になります。

 

認定結果の理由を調べる

仕事をする男性のイメージイラスト損害保険料率算定機構からの認定結果が記載されている「通知書」とその理由が記載されている「別紙」を見て、結果が出た理由を調べます。

さらに詳細な理由を知りたいときは、書面で「理由開示の申し入れ」(自賠法16条の5)をします。

新たな資料を添付する

異議申立てをするときは、等級認定申請の際に添付した資料とは別の新たな資料を添付します。

 

 主治医または別医師の意見書
⇒等級認定理由への反論を記載

 

 未提出または新たに撮影したレントゲン、CT、MRIの画像等の検査資料

 

 刑事記録(※)
⇒事故の態様や衝突時の衝撃が争点となっている場合

 

 被害者の陳述書
⇒事故の状況、治療の経過、現在の症状、後遺障害の日常生活・就労への影響等を記載

※刑事記録
実況見分調書等の客観的証拠と供述調書などが挙げられます。
加害者が不起訴の場合や刑が確定した場合、検察庁へ閲覧、謄写の申請が可能です。

 

 

異議申立ての結果に不服があるとき

解説する男性のイメージイラスト異議申立ての結果に不服のあるときは、申立ての回数に制限はないので再度異議を申立てることは可能です。

異議申立てについては、上記のとおり理由の検証と新たな資料の収集が不可欠です。

したがって、専門家である弁護士によるサポートを受けるべきでしょう。

当事務所の解決事例はこちらをご覧ください。

後遺障害非該当から異議申し立てにより14級9号を獲得したMさん(40代、自営業)の事例

後遺障害の異議申立をお考えの方は是非一度ご相談ください。

弁護士へのご相談はこちらからどうぞ

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧




なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約