よくある相談Q&A

歩行中に自動車に轢かれ、足首を骨折。後遺障害に認定されますか?


車椅子の老人のイラスト歩行中に自動車に轢かれ、足首を骨折(足関節果部骨折)しました。

後遺障害に認定されますか?

 

 

弁護士鈴木啓太イラスト足関節果部骨折(そくかんせつかぶこっせつ)は、足首のくるぶしの骨折です。この部分の骨折では、足首の靭帯の損傷を合併することもあるため、足首の動きに後遺症が残存する可能性があります。

認定される可能性がある等級は、運動制限の場合10級11号、12級7号、骨折による痛みが残存した場合12級13号または14級9号です。

 

 

足関節果部とは

足の骨のイラスト足関節(そくかんせつ)とは足首のことです。

足の小指側にあるくるぶしを外果、親指側のくるぶしを内果といいます。外果と内果が足首の関節窩(臍穴)となり、足関節を作ります。

 

 

足関節果部骨折の発生原因

事故のイラスト足関節果部骨折は、体重をかけた状態で足首にねじる力が加わると骨折が発生します。発生頻度の高い骨折の1つです。

 

 

足関節果部骨折の症状

足の怪我のイメージ画像足関節果部骨折の症状は、足首周辺に痛み、腫れ、変形、皮下出血があります。

また脛骨と腓骨を安定性する靭帯が骨折時、損傷することがあります。

 

 

足関節果部骨折の画像診断

単純X線撮影の画像で骨のズレ(転位)を確認します。

 

 

足関節果部骨折の治療方法

骨折による骨のズレである転位が小さいか大きいかで、保存療法か手術療法が選択されます。

転位が少ない場合、保存療法

リハビリのイラスト骨のズレ(転位)が少ないものはギプスで固定する保存療法を行っています。片足の骨折の場合には、松葉杖を使用して、しばらくは片足での歩行となります。

そして、固定して2週間くらいから歩行訓練(リハビリ)を始めていきます。

転位が大きい場合は手術

手術のイメージイラスト転位が大きい場合や腓骨靭帯の損傷のあるものには手術を行います。

外果に対してはスクリューかプレートで、内果に対してはスクリューかピンとワイヤーで内固定します。靭帯は縫合します。

骨癒合が確認されれば、固定していたスクリューは除去手術により取り除きます。

 

 

足関節果部骨折の合併症

経過において、足関節機能は不良であることが多く、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)や尖足拘縮、腓骨神経麻痺、足根管症候群の合併症が発生することがあります。

 

 

足関節果部骨折の後遺障害

足関節の可動域に制限が残存した場合

健側(怪我をしていない側の足関節)と比べ1/2以下に制限されているなら、10級11号
健側(怪我をしていない側の足関節)と比べ3/4以下に制限されているなら、12級7号
に該当する可能性があります。

骨折による痛みが残存した場合

12級13号または14級9号に該当する可能性があります。
また、足指に機能障害が残存する場合もあります。

足の骨折による後遺障害について、当事務所の弁護士の解決事例はこちらをご覧下さい。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約