よくある相談Q&A

後遺障害が残るかどうかは最終的にいつ判断するのですか?


後遺障害Q&A「後遺障害って何ですか?」で述べたように、後遺障害とは将来にわたって、回復困難と見込まれる状態をいいますので、これ以上治療しても改善の見込みがないという時点が最終的な判断時点ということになります。この状態を症状固定といいます。

 

したがって、後遺障害の認定手続の申請は症状固定の後に行うことになります。

 

それでは症状固定を判断するのは誰でしょうか。

 

基本的には医師の判断が尊重されるというのが原則です。被害者の方が負った傷害がどのようなものであり、その傷害に対して、医学上一般的にどのような治療方法があるか、どのくらい改善の見込みがあるか、治療期間はどの程度要するかという医学的な所見に基づいて、被害者の状況を直接診察している医師が症状固定だと判断したのであれば、基本的にはその判断は尊重しようということです。したがって、主治医の判断というのは非常に重要で、事故後の治療の中で主治医と関係を築いておく必要があります。

 

また、この症状固定を巡っては、いつ症状固定したのかということが争いになることがあります。なぜなら、いつ症状固定したかによって、傷害慰謝料や休業損害、後遺障害逸失利益の金額が変わってくるからです。詳しくは、こちらをご覧ください。

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約