よくある相談Q&A

後遺障害に該当したら、何が違うのでしょうか?


後遺障害が認定されると、賠償に関して大きく2つの項目が追加されます。一つが、後遺障害慰謝料です。交通事故でけがを負った場合、入通院の期間によって、傷害慰謝料が発生することは慰謝料のところで説明しました(慰謝料Q&A「後遺障害慰謝料はどのくらいになりますか?」)。

 

後遺障害が認定された場合、傷害慰謝料とは別に後遺障害についての慰謝料も発生します。

 

もう1点が後遺障害逸失利益です。後遺障害とは、労働能力の喪失を伴うものだということは後遺障害Q&A「後遺障害って何ですか?」でお話ししましたが、逸失利益とは、まさにこの労働能力の喪失を填補するための賠償金です。

 

ここからいえることは、後遺障害に該当するかどうかで賠償額が大きく変わるということです。非該当であれば、当然後遺障害慰謝料、逸失利益は0円ですが、これが14級に該当すれば、後遺障害慰謝料は裁判基準で110万円です(詳しくは慰謝料Q&A「後遺障害慰謝料はどのくらいになりますか?」)。この違いはとても大きなものであるということはこの数字からもお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

したがって、適切な賠償を得るためには、適切な後遺障害等級認定を受けることが必要不可欠なのです。当事務所はそのために最大限サポートをさせていただいております。当事務所の後遺障害認定のためのサポート体制について、くわしくはこちらからどうぞ。

まずは、一度ご相談ください。

 

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約