よくある相談Q&A

後遺障害逸失利益の計算で用いる基礎収入はどうやって算出するのですか?


交通事故に遭われた被害者の方の職業に応じて異なります。

 

サラリーマン、いわゆる給与所得者の方であれば、原則として、事故前の収入が基礎収入となります。事故前の収入資料としては、直近の源泉徴収票や給与明細が証拠となりますので、勤務先から取得する必要があります。

自営業の方の場合は、原則として申告している所得額が基準となります。これは、売上から必要経費を控除した金額です。

 

なお、自営業の方の所得額については、確定申告において過少申告されている場合もあります。この場合には、実際の収入額が証明できれば、その金額を基礎収入とすることは可能です。しかしながら、「証明」するためには、やはり十分な証拠が必要ですので、注意が必要です。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。専業主婦の方のように現実的な収入が発生していない方でも、後遺障害逸失利益を請求することは可能です。詳しくは後遺障害Q&A「私は専業主婦なのですが、後遺障害逸失利益はどうなりますか?」をご覧ください。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約