よくある相談Q&A

休業損害は、逸失利益と違うのですか?


休業損害とは、交通事故によるけがのため、仕事を休んだり、時間を短くして勤務するなど事故前よりも不十分な稼働状況を強いられたことを理由とする収入減少をいいます。つまり、休業損害は現実の収入減少がある場合に発生するのが原則です。(減収がなくても休業損害が認められるケースはこちらをご覧ください。)

これに対して、逸失利益とは、後遺障害が残ったことを理由とする労働能力の低下に対する補償です。

 

したがって、交通事故に遭ってから症状が固定する時点までの損害が休業損害、症状固定以降の部分については、逸失利益としてそれぞれ賠償されるということになります。症状固定については、こちらをご覧ください。

 

休業損害の算出は、事故に遭われた方の職業に応じて異なります。

 

会社員の方の場合は、事故前の収入(事故前3か月間の平均賃金をもとにしたりします。)をもとに休業損害を算出します。

 

どの範囲が補償されるかについては、事故によるけがの内容や程度、それまで従事していた業務内容や治療経過、主治医の診断といった事情に応じて判断されます。この点について、争いになることが多くあり、保険会社が支払いを拒むケースも見受けられます。そのような場合には、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

 

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約