よくある相談Q&A

加害者と直接示談交渉したいが、保険会社がするのはなぜ?


示談交渉についての質問です。
交通事故の被害者です。

なぜ示談交渉を保険会社がするのですか?

加害者と直接示談交渉したいのですが……。

 


弁護士鈴木啓太イラスト現在では保険会社が交通事故の加害者の代理人となって交通事故解決のための示談を行っています。

それは、保険会社が自動車保険の商品として保険会社による示談代行サービスを売っているためです。

この示談代行を被害者は拒否することはできます。

しかし、拒否をしたからといって、交通事故の加害者と直接示談交渉をできるわけではありません。

 

保険会社による示談代行サービス

保険会社のイメージ画像現在では、任意自動車保険会社が交通事故の加害者、被害者双方の当事者の代理人として示談をするのが主流になっています。

それは、保険会社が自動車保険の商品として保険会社の示談代行サービスを売り出しているためです。

 

 

示談代行サービスが使える条件

保険の種類のイメージイラスト任意自動車保険の示談代行サービスは

 加害者(任意自動車保険の契約者、被保険者)が対人事故の請求を受けた場合
 加害者の任意自動車保険会社が損害賠償請求権者である被害者側から直接請求規約に基づく請求を受けた場合

加害者である被保険者に対する補償限度において、保険会社の費用で、被保険者の同意を得て、折衝、示談または調停、弁護士の選任を含めた訴訟の手続きを行うものです。

 

 

対人賠償において示談代行が使えないとき

以下に該当するとき対人賠償において示談代行が使えません。

・任意自動車保険が免責になるとき
・加害自動車に自動車損害賠償責任保険・共済(以下自賠責保険)がついていない場合
・損害額が自賠責保険の支払限度で収まる場合(任意保険を使わないで済む場合)
・損害額が任意保険の支払限度および自賠責保険の支払い限度を超える場合
・被保険者が事故の責任を認めないとき
・被保険者が保険会社の直接交渉を了承しない場合
・被保険者が契約保険会社への協力義務を果たさないとき
・被害者が保険会社との直接交渉を了承しない場合

 

 

保険加社との直接交渉する利点

話し合いのイメージイラスト加害者が自賠責保険や任意自動車保険に加入していない場合や損害額が任意自動車保険の支払限度を超える場合、加害者と直接交渉し損害賠償について合意できたとしても、加害者が約束通り支払えるのかが疑問です。

保険会社には損害賠償を支払う能力が担保されていますので、加害者の支払い能力に問題のある場合、加害者と直接交渉よりも保険会社との交渉のほうが損害賠償を受けられるという面では被害者にとって有利と言えます。

 

 

被害者が保険会社との示談交渉を拒絶した場合

弁護士西村裕一画像被害者が保険会社との示談交渉を拒絶した場合、保険会社は自社の弁護士に被害者との交渉を依頼します。

保険会社から依頼を受けた弁護士は加害者の代理人として被害者との交渉をすることになります。この場合、弁護士が交渉の窓口となるので、加害者と直接示談交渉することはできません。

交通事故解決のための交渉には、専門的な知識が必要となります。示談交渉に当たっては、交通事故に精通している弁護士に早めに相談することをお勧めします。

ご相談の流れについては、こちらをごらんください。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約