よくある相談Q&A

加害者が複数いる交通事故は誰に対して損害賠償請求をすればよい?


損害賠償請求についての質問です。

交通事故の加害者が複数いる交通事故の被害者になりました。

誰に対して交通事故の損害賠償請求をすればよいのですか?

弁護士鈴木啓太イラスト加害者が複数いる場合、被害者としては、一人の加害者に損害のすべてを請求することができます。

原則として、加害者はそれぞれ他の加害者の不法行為への関与に関係なく、被害者に対して、因果関係のある損害の全額を賠償する責任を負うからです。

なお、過失割合は、全加害者の加害行為を一体ととらえ、加害者側の過失と被害者側の過失の割合を決定します。

具体的なケースについて、弁護士が解説します。

事故概要

横断歩道のイメージ画像被害者は、信号機のない交差点の付近の歩道を歩いていました。

その際、加害者Aと加害者Bがそれぞれ運転する自動車が交差点内で出会い頭で衝突し、その反動で加害者Aの自動車が被害者の方にぶつかることで、被害者が受傷したというケースを考えます。

 

 

共同不法行為責任

交通事故のイメージイラスト上記の交通事故のように、複数の当事者の故意、過失によって、事故を発生させることを共同不法行為といいます。ただし、加害者同士に損害の発生についての共謀や認識までは要求されていません。

共同不法行為が成立する場合、各加害者は被害者に対して他の加害者の不法行為への関与に関係なく、複数の加害行為と相当因果関係のある損害の全部について賠償責任を負います。この関係を不真正連帯債務と法的には説明されています。

 

 

被害者から加害者への損害賠償請求

交通事故の被害者は、複数いるどの加害者に対しても事故と相当因果関係のある損害全部を請求できます。しかしながら、各加害者からそれぞれ被害損害総額を受け取れるわけではありません。

費用のイメージ画像つまり、交通事故による被害者の損害額が300万円の場合、あくまで受け取ることができるのは300万円であって、A、B両方から300万円ずつ受け取ることができるわけではありません。

なお、自賠責保険からの保険金について、保険金の上限は加害者の人数分になります。

例えば、加害者が1名の場合、自賠責保険の傷害保険金は限度額120万円ですが、加害者が2名いる場合は240万円になります。このような特殊性を適切に把握しておく必要があります。

 

 

過失割合

事故の過失割合は、すべての加害者の加害行為を一つの行為と捉え、加害者側の過失と被害者側の過失の割合を決定します。

 

 

被害者への賠償後の加害者同士の関係

被害者へ損害賠償金を支払った加害者は、賠償金を支払っていない加害者に対して、賠償金を支払っていない加害者の負担分の金額を請求できます。この関係を求償関係といいますが、求償の話は被害者への賠償を終えた後の話ですので、被害者の方には本来関係のない話になります。

弁護士小原隆寛画像共同不法行為の場合には、加害者が一人の交通事故の場合と異なり、当事者の関係が複雑になり、加えてそれぞれに保険会社がいるため、非常に分かりづらくなります。したがって、専門の弁護士にご相談して解決すべきです。

当事務所の弁護士の詳細な経歴はこちらをご覧ください。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約