よくある相談Q&A

知人が帰宅途中、飲酒運転。一緒に酒を飲んだ私も交通事故の責任がありますか?


飲酒運転のイメージイラスト一緒に酒を飲んだ知人が帰宅途中、飲酒運転を起こしたようです。飲酒運転をした知人はもちろん許せません。

ところで、共に酒を飲んだ私にも交通事故の責任があるのでしょうか?

 

 

弁護士鈴木啓太イラスト弁護士がお答えします。

加害運転手が飲酒後自動車を運転することを知っていたとか自宅や宿泊先へ送迎させたなどの理由がある場合、飲酒運転の共同不法行為者(民法719条1項)または幇助者(民法719条2項)として、交通事故の損害賠償責任が追及される場合があります。

飲酒運転は許されません!

 

 

飲酒運転への社会的非難の強まり

飲酒運転のイラスト2006(平成18)年に福岡市の海の中道で発生した3児死亡飲酒事故以降、飲酒運転に対する社会的な非難が強くなっており、危険運転致死傷罪や免許の取消し、飲酒運転手の免許の再取得できるまで期間を長期化するなどの法改正が行われています。

加害運転手が飲酒運転で事故を起こした場合、加害運転手と一緒にお酒を飲んだ人やお酒をすすめた人、事故車両の同乗者にも刑罰が適用されます(道路交通法第117条の2)。

 

 

共同不法行為者・幇助者

飲酒を拒否するイメージ画像加害運転手と一緒にお酒を飲んでいた人や加害者にお酒をすすめた人、加害車両の同乗者は、以下の裁判例でも指摘されているとおり、加害運転手とともに事故の損害賠償責任を負う共同不法行為者または幇助者とされる可能性があります。

 

 

加害運転手の飲酒を制止すべき注意義務

飲酒のイメージ画像どのような場合に、飲酒や飲酒運転を制止すべき注意義務を怠ったといえるかについてですが、加害運転手と一緒にお酒を飲んでいた人や加害者にお酒をすすめた人、加害車両の同乗者が、「加害運転手が飲酒後自動車を運転することを知っていた」、「一緒に飲酒をした時間と飲酒の量から加害運転手が酒に酔い、まともに運転できないと分かっていた」、「加害運転手との人的関係性」、「加害運転手の運転する車への同乗の有無といきさつ」などから飲酒を制止すべき注意義務の有無を裁判例では判断しています(仙台地判H19.10.31)。

 

 

事故車両に同乗していなくても注意義務ありとした例

裁判のイメージイラストまた、事故車両に同乗していなくても飲酒を制止すべき注意義務ありとした例(福島地判S51.2.6)として、「加害運転手が飲酒後自動車を運転することを知っていた」、「加害運転手が酒に酔ったのを知っていながら、はしご酒にさらに付き合った」という理由から共同不行為者または幇助者としての責任を認めました。

 

 

飲酒を制止すべき注意義務を否定した裁判例

証人のイラストなお、「加害運転手が飲酒後自動車を運転することをわかる状況ではなかった」、「酒を提供したり積極的にすすめたりしたわけではない」、「同乗者の自宅まで送るよう頼んでいない」、「運転手に酔っぱらった様子はなかった」という事情がある場合には、加害運転手の飲酒の場に一緒にいたとしても飲酒を制止すべき注意義務を否定されました(東京地判H18.2.22など)。

いずれにしても自分だけでなく一緒に飲む方が飲酒運転をしないように日頃から一人一人が意識しておく必要があります。「飲んだら乗るな!」です。

 

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約