よくある相談Q&A

毎月の治療費の中で病院ではどのような書類が作られているのですか?


交通事故でけがを負って、病院での通院をしている場合、その治療費を相手方の保険会社が代わりに払ってくれることが通常です。これを任意一括対応といいます。

 

交通事故以外で、病院に通院すると患者は費用を支払った際に領収証と治療の明細書を受け取られると思います。しかし、相手方保険会社による任意一括対応中は、被害者に直接このような書類が交付されることはありません。

 

もっとも、病院は相手方保険会社に原則として毎月ごとに2種類の書類を提出しています。それが、診断書と診療報酬明細書です(診断書・診療報酬明細書のサンプルは、こちらからダウンロードできます。)。

 

診断書には、具体的な病名や被害者が訴えている症状の内容やその推移,治療の内容や今後の見通しについて医師が記入する部分が設けられています。主治医の先生は問診の結果をここに記入して、相手方保険会社に提出しているのです。通院日数を記入する項目もあります。

 

また、診療報酬明細書には、治療費の算出のためにその月の治療の具体的内容と通院した日にちが具体的に記入されます。処方せんを被害者に出した場合には、その旨も記載され、薬局からもどのような薬が処方されているかが明細書に記入されて相手方保険会社へ提出されます。

 

交通事故に遭った際、保険会社から病院宛の同意書にサインしてくださいと説明され、同意書が被害者の方へ届きます。被害者の方は、この同意書をそもそも何のためにサインするのかわからずに記入していることも多いのですが、治療費の支払いや症状把握のために先ほどの2種類の書類を取得したり、医療照会をしたりするために同意書を求められているのです。

 

病院で作成される診断書や診療報酬明細書は、後遺障害の等級認定の際に、非常に重要な資料となります。そのため、そこに被害者の方の症状を適切に記載してもらうことが大切で、主治医との日頃からの症状をきちんと細かく伝えておく必要があります。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧




なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約