よくある相談Q&A

保険会社を拘束する交通事故の解決方法があると聞きました。どういう方法ですか?


悩む女性のイラスト財団法人交通事故紛争処理センターでの和解あっ旋や審査結果(裁定)は、損害保険会社を事実上拘束します。

保険会社は、法的な強制力がないものの、和解あっ旋の呼び出しを無視できないため出席しなければなりませんし、審査結果を尊重し、訴訟など他の解決手段を取ることができないことになっています。

 

(財)交通事故紛争処理センターとは?

 

電話をするイラスト(財)交通事故紛争処理センターは、交通事故分野の代表的なADR機関です。
交通事故被害者・加害者側損害保険会社(JA共済、全労済含む)の損害賠償問題を解決することを目的に、損害保険会社が中心となって設立された公益法人です。

本部は東京都、支部は高等裁判所のある都市6か所、3つの都市に相談所が置かれています。

北九州市の事故であれば、福岡市中央区の天神の紛争処理センターが管轄になります。

(財)交通事故紛争処理センターのメリットとデメリット

 

メリット

解説する主婦のイメージイラスト
 紛争処理センターから委託を受けた弁護士による相談や和解申立てが無料である。

 損害保険会社は、和解あっ旋の呼び出しに対し出席しなければならない。

 損害保険会社は、審査結果(裁定)を尊重し訴訟など他の解決手段をとることができない。 一方で、相談者(申立人)は裁定に不服があれば、訴訟提起ができる。

 

デメリット

怪我をした女性のイラスト
 申込みの件数が多く、示談に比べて解決まで時間がかかる。

 裁判基準満額の解決は困難である。

 

ADR機関とは?

建物のイラストADR機関とは、裁判外紛争処理機関のことです。

(財)交通事故紛争処理センター以外にも下記センターなどがあります。

 

 (財)日弁連交通事故相談センター
 (財)自賠責保険・共済紛争処理機構
 (財)そんぽADRセンター
 各弁護士会紛争解決センター

 

 

和解あっ旋・審査手続きの流れ

(財)交通事故紛争処理センターの紛争解決は和解あっ旋、審査の2段階で行われます。

 

和解あっ旋

申し込みをする女性のイラスト相談者(申立人)は、電話で相談日時を決めてもらう。

相談者は、センターへ行き、利用申込書、交通事故証明書・診断書などの資料を提出する。

解説する男性のイメージイラスト相談担当の弁護士が選任される。

申立人の相談を弁護士が聞く。

話し合いのイメージイラスト損保会社を呼び出し、あっ旋案を提示する。

1回1時間程度を目途に、1か月に1回のペースで開催。3~6回程度かかる。

弁護士は和解案を損害保険会社が受諾するよう強く説得。

和解のイメージイラストあっ旋の終了

 

合意をすれば、和解が成立し、合意しなければ審査に移行します。

 

審査

本のイラスト審査員の選任。

審査員は元裁判官、大学教授などの学識経験者、弁護士から3名で構成される。

審査での賠償額の基準は、裁判例や「赤い本」「青本」を基礎に算定する。

解説する男性のイメージイラスト審査結果(裁定が)示される。

保険会社はこの結果を尊重して、訴訟など他の解決手段をとることができない。

一方、申立人は裁定に不服があれば、訴訟を提起できる。

 

解説する男性のイメージイラストこのように、裁定について相談者にのみ受け入れるかどうかの判断ができるという点が紛争処理センターによる手続の特徴で、訴訟に至る前に、紛争処理センターを利用するというのは、事案によっては、選択肢になってきます。

 

詳しくは交通事故専門の弁護士へご相談ください。

ご相談はこちらから

 

 

 

 

 



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約