よくある相談Q&A

保険会社から交通事故の見舞金が出ると言われた。見舞金とは?


見舞金についての質問です。

自分の保険会社から交通事故の見舞金が出ると言われました?

これは何ですか?


交通事故にあった場合の被害者の保険金について、弁護士が解説いたします。

交通事故にあった場合に、被害者が搭乗者傷害保険に加入していた場合、定額の保険金が出る場合があります。

搭乗者保険には大きく分けて、日額払いと定額払いの各方式があります。

加入保険の契約により、支払の内容が異なりますので、交通事故が発生した場合は、契約内容を確認することが必要です。

搭乗者傷害保険とは

搭乗者保険とは、自動車保険の被保険者が交通事故を典型とする以下の事故により、身体に傷害を負った場合に支払われる保険です。

  1. 被保険自動車(保険契約を締結している自動車)の運行に起因する事故。
  2. 被保険自動車の運行中の、飛来中もしくは落下中の他物との衝突、火災、爆発または被保険自動車の落下。

ここでいう、被保険者とは、自動車の運転者を含めて、全ての搭乗者をさします。

ただし、ガス中毒、日射、熱射または精神的衝動による場合や、被保険者が訴えている場合であってもそれを裏付けるに足る医学的な他覚的所見のないものに関しては、保険の支払対象外となっています。

 

搭乗者保険の保険金

搭乗者保険は、対人賠償や人身傷害保険などと異なり、定額給付方式の傷害保険です。

各保険会社により、支払方式が異なりますが、以下では主たるものについて、概要を説明します。

医療保険金

日額方式と部位症状別払いがあり、現在では後者の方が主流です。

【日額方式】
事故の発生日を含めて180日以内を限度に日額で支給されるものです。
具体的には、契約した自動車保険の入院・通院の日額保険金の額 × 入院・通院日数で算出されます。

【部位症状別払】
例えば、打撲・骨折等の症状、部位・頭部・四肢・体幹等の部位にて入通院が一定日以上であれば、定額の金額が支払われます。
5万円や10万円が多いです。

後遺障害保険金

事故発生の日から180日以内に、後遺障害等級表に応じて、契約している保険金額の4%から100%の保険金が支払われます。

180日を超えてなお治療が必要な場合は、医師の診断に基づき、発生の見込まれる後遺障害の程度により支払われます。

死亡保険金

事故の発生の日からその日を含めて180日以内傷害の「直接の結果として」死亡してしまったときは、保険金額の全額が死亡保険金として法定相続人に支払われます。

ただし、既に後遺障害保険金を受領している場合は、保険金からすでに支払われた金額を控除した残金となります。

重度後遺障害特別保険金および重度後遺障害介護費用保険金

事故発生の日からその日を含め180日以内に介護を要する、
後遺障害の1級及び2級、上記以外の1級及び2級・3級3号の「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」に該当する場合、
3級4号の「胸腹部に著しい障害を残し、終身労務に服することのできないもの」の後遺障害が生じ、
かつ、介護が必要とされる場合に重度後遺障害保険金及び重度後遺障害介護費用保険金が支払われます。

支払われる保険金は、重度後遺障害保険金については、保険金額の10%(100万円が上限)、重度後遺障害介護費用保険金については、後遺障害等級に該当する保険金額の50%(500万円が上限)となっています。

 

搭乗者保険の支払いと加害者の賠償責任との関係

この搭乗者保険の保険金は被害者が受け取っても加害者の賠償責任との関係では影響を受けないことになっています。

つまり、受け取った保険金が加害者からの賠償金を計算する際に既払金として控除されません。

また、この保険金を受け取っても、被害者の方が加入されている保険の等級が下がるということはありませんので、安心して受け取ってください。

したがって、追突事故のように完全にもらい事故の場合でも、被害者は契約している保険会社や保険をお願いしている代理店の方に連絡して、事故の報告をすることが必要です。

 

 

交通事故の問題点

今回解説した搭乗者保険も含めて、交通事故においては色々な保険の適用について検討し、受け取っても保険会社の示談交渉に影響しないかどうかを確認する必要があります。

また、そもそも交通事故で支給される保険があるのに、それを知らない方もいらっしゃいます。

交通事故は人生で1度あうかどうかなので、こうした知識が不足しているのはある意味では当然のことです。

こうした知識不足を解消し、被害にあった被害者が適切な補償や給付を受けるために弁護士が対応しています。

交通事故に関してお困りのことがあれば、ご相談ください。ご相談の流れはこちらをご確認ください。

 


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約