よくある相談Q&A

自動車損害賠償責任保険と対人賠償責任保険ってどう違うのですか?


弁護士西村裕一イラスト交通事故に詳しい弁護士が回答します。

自動車損害賠償責任保険は加入が義務付けられている強制保険、対人賠償責任保険は任意自動車保険に組み込まれている保険の1つです。

交通事故による人の死傷に対して支払われる点で共通しますが、人の範囲や補償範囲、補償金額、過失相殺の適用、示談代行サービスの有無などの違いがあります。

 

 

自動車損害賠償責任保険と対人賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険とは

車のイメージ画像自動車損害賠償責任保険(以下、自賠責保険・共済)は、自動車損害賠償保障法によって、自動車および原動機付自転車を使用する際、全ての運転者への加入が義務づけられている保険です。自動車を運行中に他人に負傷をさせたり、死亡させたりしたときの損害を賠償します。

自賠責保険・共済についてはこちらからどうぞ。

 

対人賠償責任保険

救急車のイメージ画像対人賠償責任保険とは、任意自動車保険に組み込まれた補償の一つで、被保険自動車の所有・使用・管理に起因して、他人の生命・身体に損害を与え、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を填補する保険です。

対人賠償責任保険についてはこちらからどうぞ。

 

 

自賠責保険・共済と対人賠償責任保険の共通点

保険のイメージイラスト自賠責保険・共済と対人賠償責任保険の2つの保険は他人の生命・身体への損害、人身事故に対する賠償と言う点で共通しています。

支払いの順序は、先に自賠責保険・共済から保険金が支払われ、自賠責保険・共済の保険金額、限度額を超えた部分が対人賠償責任保険によって支払われることになっています。

 

 

自賠責保険・共済と対人賠償責任保険の相違点

原因

自賠責保険・共済は「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したとき」(自賠法3条)に、その損害を賠償する保険です。

バイク事故のイメージイラスト対人賠償責任保険は、被保険自動車の所有・使用・管理に起因して、他人の生命・身体に損害を与え、被保険者が負う法律上の損害賠償責任をカバーする保険です。

また対人賠償責任保険の「被保険自動車の所有・使用・管理」の方が、自賠責の「運行によって」よりも補償範囲が広いと解釈されています。そのため、自賠責保険では保険金が支払われない事故でも対人賠償責任保険から保険金の支払いがあることがあります。

 

「人」について

車に乗る男女のイラスト自賠責保険・共済の「他人」とは事故車両の運転手や助手以外の人をいいます。

一方任意自動車保険の「人」は、保険契約者・被保険者の家族や使用者・被用者でない人、保険契約者・被保険者とは一定の関係にない人をいいます。

 

過失相殺の適用

追突事故のイメージイラスト自賠責保険・共済は、自賠責保険・共済では、被害者の過失が7割を超えると支払われる保険金・共済金から減額されます。すなわち、被害者の過失が7割を超えなければ、保険金の減額はありません。

一方、対人賠償責任保険は、加害者、被害者各々の過失割合に応じて過失相殺を行い、それぞれの賠償額が減額されることになります。

 

示談代行サービス

説明する男性のイラスト示談代行サービスとは、任意自動車保険会社の担当者が交通事故の当事者に代わって相手方と示談交渉をするサービスです。

しかし、加入する任意自動車保険によって、この示談代行サービスがついていない場合があります。

また、示談代行サービスがついている任意自動車保険であっても、以下の場合示談代行サービスは行われません。

・被保険者が法律上の責任を負わない事故
・被保険者が事故の責任を認めていない場合
・損害額が自賠責保険・共済の補償額でおさまる場合
・損害額が対人賠償保険の補償額を超過する場合

なお、自賠責保険・共済には示談代行サービスはありません。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧




なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約