よくある相談Q&A

直進車とUターン車の自動車同士での交通事故の過失割合を教えてください。


弁護士小原隆寛イラスト直進車とUターン車との事故過失割合は、Uターン中またはUターン終了直後によって過失割合が変わります。

基本的に、直進車よりもUターン車のほうが、過失割合が大きいとされています。

交通事故専門の弁護士が解説いたします。

 

 

Uターン車の過失が大きい理由

法的解説道路交通法25条の2第1項によると、「歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがある」場合、Uターンは禁止されています。

「正常な交通を妨害するおそれ」というのは、Uターン車の対向車や後続の車が一時停止や徐行、進路を変更しなければ進行できない状態のことです。

つまり、Uターン車はUターンを完了するまで、直進車の進行妨害をしてはならないのです。

したがって、直進車とUターン車の交通事故が起こった場合、Uターン車が直進車の進行妨害したことになるため、Uターン車の過失が直進車よりも大きくなります。

 

 

直進車の過失

衝突しそうな車のイラスト直進車とUターン車の交通事故においては、Uターン車に一方的に過失があるのでなく、直進車の過失も考慮されます。

例えば直進車がUターン車に気付いた場合、直進車にはUターン車の動静に注意し、交通事故を未然に防ぐ安全運転義務があります(道路交通法70条)。

しかし、交通事故が起こった場合、Uターン車の動静に注意し、交通事故を未然に防ぐ安全運転義務に違反したことになるので、直進車にも過失があるとされます。

 

Uターン事故の過失割合(自動車同士の交通事故の場合)

Uターン事故は、Uターン車がUターン中に直進車と衝突する交通事故とUターン終了直後に直進車と衝突する交通事故に分けられます。

基本的な過失割合は以下の通りとなります。

交通事故の状況 直進車 Uターン車
Uターン車がUターン中 20 80
Uターン終了直後 30 70

基本的な過失割合は上図のとおりですが、事故態様によって過失割合は修正されます。

修正要素は以下の通りです。

・直進車の過失に加算される修正要素
直進車の15㎞/h以上の速度違反、直進車の30㎞/h以上の速度違反、直進車の著しい過失、直進車の重過失など

・直進車の過失に減算される修正要素
Uターン車の合図なし、転回危険場所、転回禁止場所、Uターン車の著しい過失、Uターン車の重過失など

 

交通事故のイメージ画像以上のように、Uターン事故の場合の過失割合はある程度類型化されていますが、実際の事故態様によっては過失割合が変化することもあり得ます。

過失割合について疑問がある方は専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

ご相談はこちら「無料相談の流れ」からどうぞ。

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約