よくある相談Q&A

自転車同士でのドア開放事故の過失割合を教えてください。


夜間、歩道のない道路を自転車で走行していたところ、タクシーが私の自転車を追い越し、合図を出さずに停止しました。

事故のイラストその直後、乗客がドアを開けたため、私はタクシーの右側へ回避しようとしましたが避けることができず、タクシーに衝突し、転倒して怪我をしてしまいました。

この場合の過失割合を教えてください。

弁護士西村裕一イラスト交通事故専門の弁護士が解説します。

基本過失割合は、自転車:ドア開放自動車=1:9となりますが、事故態様によって過失割合の修正があり得ます。

基本的には、ドアを開放した自動車の過失割合が大きくなりますが、自転車側の過失も一定程度評価されることになります。

 

 

ドア開放事故の過失割合

今回の交通事故のように、イクや自転車などの二輪車が開放された自動車のドアに接触する交通事故をドア開放事故と言います。

二輪車対自動車におけるドア開放事故の基本過失割合は以下の通りです。

二輪車 自動車
基本過失割合 10 90

トランクを開けている車降車・乗車が予想されるような場合、ドア開放を予測させる事情があるとして二輪車の過失が加算されます。

自動車が、ウインカーやハザードランプなどの合図を出して停止した直後やトランクが開いている場合などが当てはまります。

なお、左折のウインカーを出して停車している場合も、合図がある場合となります。

また、自動車の左側の隙間が狭く自転車などが通過すると予想しにくいような状態であるのに、自転車等が無理に通行した場合、二輪車側にその他の著しい過失・重過失あるとされ、過失が加算されます。

一方、自動車が夜間、ハザードランプ等の合図を出していない場合や、直前でドアを開放した場合、二輪車側の過失が減算されます。

裁判例

裁判のイメージイラスト自転車0%対四輪車100%とした例があります。

東京地裁平成21年3月30日判決では、ドア開放を予測させる事情がなかったとして過失相殺を認めませんでした。

 

 

今回の交通事故の過失割合

タクシー運転手のイラスト今回の相談者の事故の基本過失割合は自転車:タクシー=1:9となります。

今回の交通事故は、夜間、相手方であるタクシーが合図を出さずに停止し、相談者が通過する直前でドアを開けたというものです。

このような事情を考えると、相談者にはタクシーのドア開放を予測させる事情はなく、相談者側の過失割合を減算すべき事故といえます。

そこで、相談者:相手方=0:10をベースとして示談交渉を進めていくこととなるでしょう。

人身傷害チーム画像

以上のように、ドア開放事故の場合は、基本過失割合が決まっているものの、実際の事故の状況により過失割合が修正される余地があります。

保険会社の提示する過失割合に疑問のある方は専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

ご相談はこちら「無料相談の流れ」からどうぞ。

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約