よくある相談Q&A

高血圧症の既往症があります。高血圧症を理由に交通事故のけがの損害が減額されることはありますか?


高血圧症の既往があるというだけでは直ちに損害が減額されることはありません。

もっとも、交通事故によって高血圧症と関連性の高い脳内出血が発症したとき、損害が減額されることはあります。

 

高血圧症とは


血圧のイメージイラスト高血圧症とは、収縮期血圧(最高血圧)140mmHg以上もしくは拡張期血圧(最低血圧)90㎜Hgまたはその両方であるものです。

日本では約4300万人が高血圧症で、年間約10万人が死亡しているといわれています。

 

損害の減額に関する裁判例


悩む女性のイラスト被害者の既往症として、高血圧症については以下の争点があります。

 

 

・交通事故外傷への影響の有無

・交通事故による受傷後、発症した脳内出血との関係の有無について

 

 

1.交通事故外傷への高血圧症の影響を否定した判例

 

被害者は狭心症、高血圧症、肝機能障害のある48歳の男性です。

交通事故により第3~9肋骨骨折、肺挫傷、血気胸、肝損傷、腹腔内出血、右腓骨骨折、半月板損傷を受傷しました。

11級の後遺障害が残存したケースです。

(高血圧症が)「本件事故による受傷、治療に影響を及ぼしたことを認めるに足りる証拠はない」として、素因減額による減額は否定されました(大阪地判平成11年10月6日)。

 

2.脳内出血への高血圧症の影響を認めた判例

(1)頭部への受傷があったケース


裁判のイメージイラスト被害者は高血圧症のある80歳男性です。

交通事故により頭部打撲、右後頭部挫創、頚椎捻挫、脳内出血を受傷し、死亡しました。

このケースでは、事故以前に高血圧の薬を飲んでいたこと、実際に高血圧が原因で脳内出血を発生したと認められるとして、高血圧症の既往症が影響したとして素因減額による減額を認めました。

ただし、交通事故により「頭部に強い衝撃を受けたと考えられる」事情から「本件の事故が直接の原因となって、さらには、大きな原因となって高血圧性脳内出血が起きたと考えるのが合理的」として1割の減額にとどまりました。(大阪地判平成11年9月17日)。

 

(2)頭部への受傷がなかったケース

 

①事故と高血圧症の増悪が認められた事例
悩む男性のイラスト

被害者は軽度の高血圧症のある47歳男性です。

交通事故により胸部打撲、頚椎捻挫を受傷しました。

事故より24日間のうちに脳内出血を発症し、左半身麻痺、感覚障害の後遺障害(裁判所認定5級)が残存しました。

「事故によるストレスが高血圧症の増悪をもたらしたため、脳内出血が発生した」として因果関係が認められつつも、減額を認めました(大阪地判平成17年4月14日)。

②6割もの減額が認められた事例
泣く女性のイメージイラスト

被害者は高血圧症、虚血性心疾患、多発性空洞性梗塞、左中大脳動脈の狭窄の既往のある71歳の女性です。

交通事故により左肘関節部擦過打撲傷、右手・右下腿挫傷を受傷しました。

また、のちに脳梗塞による片麻痺、右上位近位部の筋力低下の後遺障害(裁判所認定9級)が残存しました。

交通事故と脳梗塞との因果関係自体は認めたものの、「高血圧症、虚血性心疾患、多発性空洞性梗塞、左中大脳動脈の狭窄が進行、増悪して脳梗塞、片麻痺の契機となった」として6割もの減額が認められました(名古屋地判平成14年8月16日)。

 


上記の裁判例のように、事故による衝撃や態様、程度、事故のよる傷害との関連性を検討して、高血圧症を理由とする減額の可否を決定しています。

部に外傷がないにもかかわらず、脳内出血を発症したようなケースでは、大幅な素因減額がなされる可能性がありますし、そもそも交通事故との因果関係を否定されることもありえます。

解説する男性のイメージイラスト詳しい判断は交通事故専門の弁護士にお任せください。

弁護士へのご相談はこちらからどうぞ

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧




なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約