よくある相談Q&A

同乗していた車の交通事故での怪我。損害が減額されることはある?


損害賠償請求についての質問です。

彼氏の車に同乗中、交通事故に遭い、怪我をしました。

同乗していた私の損害が減らされることがあるのでしょうか?

同乗していたという理由だけでは、損害を減額されることはありません。

しかし、同乗者側に後述のような事情があった場合、慰謝料や全損害額から減額されることがあります。

同乗者とは

同乗者のイラスト
自動車の運転手の同意のもとに自動車の助手席や後部座席に乗っている人を、同乗者といいます。

同乗者は、事故車両の所有者でない限り、自動車損害賠償保障法3条本文の「自分のために自動車を運行する者は、その運行により他人を死亡させ、又は負傷させたときは、その損害を賠償する責任を負う。」の「他人」になります(最判昭和42年9月29日)。

彼氏であっても「他人」ですので、同乗していても怪我の治療費などの損害賠償請求が認められるのです。

 

同乗者の損害が減額される事情

このように、事故車両に同乗していたという事情だけでは、直ちに交通事故のよる損害額を減額されることはありません。

しかし、以下のようなことがあるとき、同乗者の損害から減額されることになります。

 同乗者自身において事故の発生の危険を増大する状況を作り出した

 事故発生の危険が極めて高いような客観的事情が存在することを知りながらあえて同乗した

 

具体例

飲酒運転のイメージイラスト
1.飲酒運転

運転手が飲酒していることを知りながら同乗する

2.無免許運転
運転手が過去に免許を取得したことがないこと、免許停止・取り消しされた事情を知って同乗する

3.暴走運転
単にスリルを楽しんだり、信号無視やスピード違反を繰り返したりすることを承知で同乗する

4.疲労運転
長距離運転、深夜運転時、運転手に休息などを助言せず、漫然と同乗していた

5.シンナー等吸引
運転手がシンナー等を吸引したことを知りながら同乗する

6.未熟運転 
免許を取得したばかりの初心者であると知りながら、無理な運転をさせる

7.定員オーバー
定員オーバーになることを知りながら同乗する

8.スピード違反
運転手の速度違反行為を知りながら、注意をせず放置している

9.シートベルト不着用・ヘルメット不着用
シートベルトを着用せず同乗する、オートバイ等でヘルメットを着用せず同乗する

10.箱乗り
同乗者が車両の窓から上半身を乗り出したり、窓枠に腰掛けたりする

 

損害を減額した裁判例

損害を減額した判例には、被害者の慰謝料を減額した例と慰謝料以外も含めた全損害額から減額をした例があります。

判例 被害者の慰謝料を減額した例

運転手がお酒を飲んでいることを知りながら同乗し、道案内をしていた被害者が右折の指示を出した直後に起きた事故です。

慰謝料の算定の際に、同乗による減額を認めました。

(大阪高判平成2年7月20日 )


判例 被害者の慰謝料を減額した例

同僚の車を追い越す際、ハンドル操作を誤った事故です。

被害者は定員オーバー、加害運転手が疲労していたことを知りつつ、スピードを楽しむ雰囲気を作り出していたとして、損害から25%の減額を認めました。

(東京高判平成2年3月28日)

 

電話をするイラスト詳しくは交通事故専門の弁護士までご相談ください。

弁護士へのご相談はこちらからどうぞ

 

 

関連Q&A


交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約