よくある相談Q&A

私の合図で子が飛び出し、車にはねられ怪我。過失相殺とは、過失を問われるのですか?


サッカーをする子どものイラスト弁護士の先生に質問です。

私が3歳の子に合図をしたら子が飛び出してしまい、車にはねられて怪我をしました。

保険会社から過失相殺すると言われましたが、過失を問われるのでしょうか?

 

 

弁護士西村裕一イラスト幼児者が親の合図によって道路に飛び出し、交通事故に遭った場合、幼児自身は自分の行為の危険性を判断できません。

しかし、それでは幼児の飛び出し責任を全て加害者が負うことになってしまいます。そこで、被害者の両親に、交通事故について過失があれば、損害から過失相殺をできるとされています。

 

 

事理弁識能力

考える小学生のイラスト過失相殺をするためには、不法行為の責任能力がなくても事理弁識能力が被害者にあればよいとされています(最判S39.6.24)。この事理弁識能力とは、自分の行為の結果を理解できることです。

どのような子どもに事理弁識能力が認められるかについて、一概に基準があるわけではありませんが、5歳くらいの子どもには事理弁識能力はあると認められています(東京地判S45.7.6は5歳3か月の子に事理弁識能力あり、福岡地判S52.11.15は5歳9か月に事理弁識能力ありとしています)。

子供のイメージ画像しかし、2、3歳くらいの幼児が道路に飛び出して交通事故の被害者になった場合、2、3歳くらいの幼児では自らの行為の危険を理解しておらず、事理弁識能力が認められないため過失相殺ができないことになります。

そうすると、加害者がすべての責任を負うことになりますが、実務上は必ずしも過失相殺がなされないわけではありません。

 

 

民法722条2項の被害者

この点、最高裁判所は、「被害者本人だけでなく被害者と身分上、生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者」に、交通事故について過失がある場合、「被害者と身分上、生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者」は民法722条2項の被害者に含まれるとし、被害者「側」に過失があるとして過失相殺を認めています(最判S42.6.27)。

サッカーをする親子のイラストこれを被害者側の過失といいます。

それでは、裁判例で示された「身分上、生活関係上一体となす関係にある者」とはどのような者なのでしょうか。

身分上、生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者

裁判例で被害者「側」に含まれる「被害者と身分上一体をなすとみられるような関係にある者」と認められたのは以下の場合です。

両親

父親に過失があれば、共同親権者である母親にも過失ありとされました(大阪高判S42.7.25)。

兄弟

3歳に弟が飛び出した交通事故について、弟に合図を出した7歳の兄の過失を認めました(東京地八王子支S48.6.22)

祖母、叔母

祖母について千葉地一宮支判S53.8.22、叔母について東京高判S37.6.29。

生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者

「身分上」という言葉のつかない「生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者」として、家事使用人は被害者側と認められた裁判例(最判S42.6.27)があります。

保護者のイメージ画像一方、2時間ばかり幼児の子守を頼まれたあずかった近所の主婦(札幌地判S44.1.31)や保母・小学校の教師・職場の同僚については生活関係上一体をなす関係にないと否定されました。

したがって、設例のような実の子の道路の飛び出しに際しては、親の過失を被害者側の過失と評価される可能性が高いといえます。

過失相殺の効果については、こちらをご覧下さい。

過失相殺は賠償額にかかわる重要な問題ですので、交通事故に注力した弁護士にご相談ください。

 

 

関連Q&A



交通事故よくある相談Q&A一覧

なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約