むちうちの方へのサポート

交通事故でむちうちになった方が知っておくべきポイント

むちうちとは何か?

医者の解説イメージイラストむちうちとは、交通事故のうち約半数を占める追突事故にあった場合に生じやすいけがの一つです。

衝突時の衝撃により、被害者の首がむちを打ったように波をうってしまいます。そのことが原因で生じる痛みや頭痛、気分不良といった様々の症状を指します。

むちうちという言葉は日常的にも使用するなじみのある言葉ですが、病院の診断書にはむちうちとは記載はされません。

むちうちは、骨折や脱臼、頸髄損傷といった明らかな異常所見がレントゲン検査などでは認められない場合を広く意味しているとされていますが、医学的には、「頚椎捻挫」、「頚部捻挫」、「外傷性頚部症候群」などといった傷病名になります。

なお、追突事故の場合には、首と一緒に腰に痛みを感じる方も多く、「腰椎捻挫」、「腰部捻挫」といった診断名とセットで診断されることも非常に多いです。

 

むちうちの治療の終了時期は?

むちうちは、レントゲンでは骨折や脱臼といった明らかな異常所見が認められないという大きな特徴があります。

このことが意味するのは、第三者に症状が伝わりづらいということです。

すなわち、被害者の方がむちうちになったことで訴える痛みの症状は、治療費を補償してもらう立場にある相手方の保険会社にもなかなか伝わりづらいものです。

保険会社と同じく、治療をしてもらう病院の医師にとっても、明らかな異常が認められないため、どこまで治療をすべきといえるかどうかについて明確に線引きをすることができないことも多く、治療終了時期の判断を保険会社と被害者の話合いに委ねるというケースもあり得ます。

このように、むちうちは、どこまで治療の必要性があるか、すなわち、保険会社側がいつまで治療費を支払う必要があるかを巡ってトラブルになる可能性が高いということがいえます。

そのため、骨折や脱臼、靭帯損傷といった場合と異なり、比較的治療の打ち切りの問題が生じやすいということを知っておかなければなりません。

保険会社は、数多くの交通事故を取り扱う中で、事故態様や被害者の方の通院状況を踏まえて、ある程度一定の目処を立てているのが現状です。

そのため、被害者の方としても、そうした現状を踏まえて、むちうちに対する治療を進めていく必要があります。

 

むちうちとMRI検査

MRI交通事故によってむちうちになると、痛みだけでなく、手先のシビレ、下半身のシビレといった痛みとは違う症状を感じるようなケースがあります。

むちうちにより痛めた場所は首であるのに、どうして手先にシビレがくるかというと、首の後ろには脊髄はもちろん、神経が通っています。

この神経は首から末端にそれぞれ向かって伸びており、その末端というのが腕であり、手先になります。

そのため、交通事故による衝撃で、首の神経に影響があれば、手先のシビレという症状が出てくるのです。

こうしたシビレが一時的なもので、短期間でおさまれば問題ないということが多いでしょうが、一定期間シビレが継続する場合には、MRI検査を受ける必要性が出てきます。

MRI検査では、レントゲン検査では映らない椎間板と神経の状況を調べることができます。このMRI検査により、椎間板がヘルニアを起こし、神経を圧迫していることがわかることもあります。

この場合、ヘルニアの原因が交通事故といえるかどうかという因果関係の問題が生じることもあります。

というのは、椎間板ヘルニアという言葉を聞かれたことがあると思いますが、これは交通事故以外の原因、加齢によっても生じうるためです。

しかしながら、それでもシビレの症状の原因を突き止めるためには、交通事故のむちうちの場合でMRI検査が必要なケースも出てきます。

 

むちうちの慰謝料の算出方法

交通事故にあった被害者がむちうちになり、病院で一定期間治療をした場合には、傷害慰謝料という慰謝料が発生します。

そのため、治療が終了したら、保険会社に対して、慰謝料を請求していきます。

その際、むちうちの慰謝料がどのようにして決定されるかというと、交通事故にあってから治療が終了するまでの通院期間や実際に病院に通院した日数(実通院日数)を踏まえて決定されます。

通院期間と実通院日数の関係について、例を見てみましょう。

具体例
4月1日に交通事故にあって、7月30日まで治療をしたという場合

通院期間:
4月1日から7月30日まで(4か月)


この期間の中で実際に病院に通院した回数が実通院日数となります。そのため、通院期間 > 実通院日数という関係です。

先ほど説明したとおり、この通院期間と実通院日数の2つの事情を踏まえて、慰謝料が算出されます。

したがって、被害者の方が適切な治療をしっかりと受けるということが適切な慰謝料を補償してもらうということにもつながってくるため、大切になってきます。

 

むちうちと後遺障害

腰を痛めた男性
一口にむちうちといっても、痛みの程度やシビレの有無は、実際に交通事故にあった被害者のお一人お一人で違ってきます。

中には、半年以上も治療を継続したにも関わらず、首の痛みや手先のシビレ、腰の痛みが残ってしまうということも比較的多くあります。

これが、いわゆるむちうちの後遺症です。

交通事故において、こうした後遺症を補償してもらうためには、自賠責保険のルールで設定されている後遺障害の認定を受ける必要があります。

この点に関しては、むちうちでも後遺障害が認定されることはあります。

具体的には、むちうちによる痛みやシビレの症状は神経症状という項目で、後遺障害12級13号、14級9号という等級基準が設定されています。

したがって、自賠責保険において、この基準に該当すると判断されれば、むちうちでも後遺障害が認定され、後遺症の補償として慰謝料(後遺障害慰謝料)を別途受け取ることができるケースがあるのです。

 

 

デイライト法律事務所のサポート

交通事故では、むちうちの症状が生じる被害者の方が非常に多くいらっしゃいます。

そこで、デイライト法律事務所では、交通事故でむちうちになられた被害者の方に対して、以下のようなサポートを行っています。

治療中の時点でのアドバイス

弁護士西村裕一画像上記で解説したとおり、むちうちの症状は、医学的に明確な異常が見出せないものであるため、保険会社との間で治療期間を巡ってトラブルになるケースも多くあります。

こうしたトラブルを未然に防ぐためには、交通事故にあって治療をはじめた時点という早い段階で専門家によるアドバイスを受けておくことをデイライト法律事務所ではオススメしています。

中には、治療の段階で弁護士に相談するなんて早いと考えている弁護士もいるようですが、実際、事故にあってから早い段階で弁護士に相談しておくことで、被害者の方が保険会社とどのようにやりとりを進めていくべきなのか、万が一、治療の終了の話が出てきたときの対応についてもあらかじめ念頭に置いておくことができます。

こうした予防が何より大切で、被害者の方の不安を解消することにつながるのです。

交通事故を専門とする弁護士が治療中の段階から、むちうちの方のご相談に対するアドバイスを実施しております。

なお、弁護士特約のある方の場合、この段階で弁護士に依頼していただくことで、ご相談されたいタイミングで担当弁護士にその都度連絡を取っていただくこともできます。

 

打ち切り交渉サポート

万が一、被害者の方が納得のいかないタイミングで相手方の保険会社から治療の終了を打診された場合に、主治医の医師のご意見も踏まえて、少しでも治療の延長を受け入れてもらうべく、弁護士が被害者に代わって保険会社と交渉を行います。

また、保険会社が延長を一切しないとなった場合でも自賠責保険を使用して、治療を継続する方法を選択できるかどうかなど、被害者の方だけでは判断が難しい点についても、被害者の方が置かれた状況を専門家の視点で分析して、どのように進めるのが被害者の方にとってベストな方法なのかについても弁護士がアドバイスをいたします。

もちろん、自賠責保険に被害者請求を行う場合には、弁護士が手続のサポートを行います。

 

被害者請求サポート

むちうちによる痛みやシビレの症状が病院で一定期間治療しても残ってしまった場合、先ほど説明したとおり、後遺障害の申請を検討することになります。この自賠責保険への後遺障害の認定手続について、当事務所では、保険会社に手続を任せる事前認定ではなく、被害者請求の方がよいと考えています。

そこで、弁護士が、被害者の代理人として、自賠責保険への被害者請求サポートを行っています。

具体的には、後遺障害診断書の作成に向けてのアドバイスはもちろん、手続に必要な書類の取得、検査画像の入手、調査を担当することになる自賠責調査事務所(損害保険料率算出機構)とのやりとりを弁護士が行います。

また、印鑑証明書や委任状など、被害者ご本人に取得していただく必要のある書類についても弁護士から必要となるタイミングをお伝えして、資料取得のバックアップをいたします。

 

示談交渉サポート

むちうちに対する治療が終了した後もしくは後遺障害の手続が終わった後には必ず、保険会社との示談交渉があります。この示談交渉について、専門の弁護士が被害者の方に代わって行います。

こうした示談交渉の代理権が認められているのは、弁護士だけで行政書士といった他の士業ではできません。

そのため、弁護士にご依頼いただければ、被害者の方が相手方の保険会社とやりとりをする必要は一切なくなります。また、慰謝料についても弁護士が示談交渉することで、裁判基準を前提とした計算で適切な額が補償されるようにサポートをいたします。

交通事故によるむちうちの症状でお困りの方は、デイライト法律事務所にご相談ください。

 

 





なぜ交通事故は弁護士に依頼すべきなのか?

お問い合わせ Web予約